JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
P-chanDr.に今すぐ質問する
P-chanDr.
P-chanDr., 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 128
経験:  泌尿器科専門医・指導医
74522023
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
P-chanDr.がオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。 仕事の関係で出血について勉強しています。 二つ質問があります。 出血し

質問者の質問

よろしくお願いいたします。
仕事の関係で出血について勉強しています。
二つ質問があります。
出血してショックになりその後の症状についてです。
出血が起きて血液循環量が減少し、脳への酸素供給が少なくなることによって、脳の神経系からの信号が弱まって心臓や肺の機能が低下して死亡する。
このような説明であっているでしょうか?
また、先に脳が動かなくなるのか、心臓が動かなくなるのかも知りたいです。
二つ目は、ショック症状の中に冷や汗とありますが、それは血液循環量が少なくなり、脳の交感神経がアドレナリンを出して心臓の動きを上げようとして、そのために発汗が起こる。これであっているでしょうか?
長文質問失礼しました。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちわ。

Customer:

御相談を拝見させて頂きました。

Customer:

出血に関してのご質問とのことで、それぞれに対して回答させて頂きます。

Customer:

まず、出血性ショックに関してですが、御銘記なされていることは確かにその通りですが、

Customer:

基本的に、出血が持続すると、体内の血液循環量が単純に減少してしまいますので、血圧を維持できなくなります。

Customer:

そうなると、体中の臓器に血液がいきわたらなくなり、あらゆる臓器で酸欠になります。

Customer:

そのため、各臓器が機能不全に陥り、死に至ってしまうのです。

Customer:

脳からの神経系伝達が仮に維持されたとしても、出血が持続すれば死に至るのは

Customer:

そのためです。

Customer:

ですので、脳が先か心臓が先かとかではなく、血流量が減れば、心臓も脳も一緒に機能低下を来してしまうのです。

Customer:

二つ目の質問ですが血液循環量が減少すれば、心房性ナトリウムペプチド受容体や血管内ナトリウム受容体が血圧低下を認識し、

Customer:

交感神経が刺激され、血圧を維持しようとして、心拍数増加や抹消血管収縮を来します。

Customer:

ですので、脳の交感神経というよりも、脳も含めた中枢神経系が刺激されるといった方が正しいと思います。

Customer:

また、発汗は交感神経が刺激された影響で生じてくるということです。

Customer:

以上のように御説明なされれば、宜しいのではないでしょうか?

Customer:

御参考になさってください。

P-chanDr.をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました!

専門家:  P-chanDr. 返答済み 2 年 前.
どういたしまして。

医療 についての関連する質問