JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

パニック障害と診断され18年間。薬が合っていたのか、ほとんどの期間を寛解といってもいいくらい普通の生活が送れています

解決済みの質問:

パニック障害と診断され18年間。薬が合っていたのか、ほとんどの期間を寛解といってもいいくらい普通の生活が送れていますが、薬がほぼ最低量になる度に、発作が再発し、そのたびにまた増量(といっても最初のころと比べれば少ない)の繰り返しを4回もしております。
4回目は先日12月10日でした。そして、今までしばらくデプロメール25mgを夜1回だったのを、2回に。メイラックス1mgを夜1回、頓服用のメイラックス1mgを10回分(1カ月で)出されましたが、今一安定していません。
今までは、私自身、医者に言われた通りに服薬していればいいだろうと思っていたので、薬はそのうち断薬出来るだろうと思っていたのですが、最近のネットの情報だと、薬は単なる対症療法だと分かりました。
そこで自分なりに、いろんな文献を参考にし、私生活からの改善に気を付けることにしました。今は、不安感はありながらも、極力頓服は飲まず、整体に行ったり、運動したりして行動で何か変わるのではないかと思っておりますが、最近はいろいろ情報に振り回されすぎか、頓服を我慢しすぎたのか疲れてしまい、不安感も強くなってきてしまいました。
本当の治すことのできる病気なのか不安です。特段大きな副作用に悩むとか、血液検査は以上が無いとは言え、量の多少はあれど18年間薬を飲みづつけて、体も依存してしまっていると思います。とはいえ、普通な生活を送れたのも薬のおかげでもあります。なんか複雑な心境ですが、ここからでも完治までいけますでしょうか?もちろん、いきなり断薬なんて考えず、自分でできることは頑張りたいです!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
ご指名ありがとうございます。

パニック障害の国際標準の治療方法はSSRIと認知行動療法の併用です。

薬物療法だけでパニック障害の治療が行われてきたのであれば、薬物の減量に伴って症状が再発を繰り返すのはある意味当然の経過だと言えます。

①これまで、認知行動療法を受けられたことはないのでしょうか?

②「いろんな文献を参考にし、私生活からの改善に気を付けることにしました」とのことですが、どのような文献を参考にされて、どのような生活改善を心がけられているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。

認知行動療法を受けましょうと言われた事はありません。薬だけで広場恐怖等も大丈夫になったからでしょうか?回復が劇的だっただけに、薬に頼るのが当たり前になってしまったのかもしれません。

ただ、7年ほど前に車の運転中に発作があって、車の運転が怖かった時には、自分なりに、運転する距離を延ばすなどの工夫として克服できたことがあります。(ある意味認知行動療法と言えるのではないでしょうか)

参考にした文献としては、「パニック障害からの快復」と「乗るのが怖い(長嶋一茂)」、「パニック障害なんて怖くない!」 等です。

私生活で気を付けていることは、規則正しい生活、カフェイン・アルコールを控える、運動(ラジオ体操。スポーツクラブに入会、あまり激しい運動はしていません)、腹式呼吸等のリラックス法、あとは食事にも気を付けたいと思いますが、これは妻も子供もいる事なので、なかなか難しい問題だと思います。なので、今はあまり脂っこい物や甘いものを食べないように気を付けています。

現在は、特定の恐怖と言うよりは全般的な予期不安でしょうか?発作は最近はないので、できるだけどこへでも行くつもりです。多少つらいところでも行けると思いますが、休日に子供をどこかへ連れていくのが少し不安感が強いです。(お正月等連れて遊びに行けましたが、家に帰るとグッタリしてしまいます)

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

お読みになった書籍について、Amazonなどで内容を確認しました。
医学的に間違っているものはないように思われましたが、それらを読まれての相談者様の対応を考慮すると、いくぶん民間療法寄りの内容なのかもしれません。

食生活や運動について心がけることは決して悪いことではありませんが、薬物療法から離脱し、かつパニック障害という病気を治そうと思い立たれたのであれば、薬物療法に匹敵するような治療方法を相談者様が受けられる・実践される必要があるでしょう。

食事や運動にそこまでの力が無いことは、世の中の大半の方々が、恐らく相談者様にくらべて不規則な生活をし、アルコールやカフェインを摂取し、特に運動もしていないにもかかわらずパニック発作も予期不安も起こしていないことによって証明されると思います。

パニック障害に対する認知行動療法を行っている医療機関を探されて転院されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。

精神科医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

もしくは、認知行動療法を独習することも可能ですので、そのための書籍をお読みになられて実践されてみるのもよいかもしれません。
例えば以下の書籍などはお勧めです。

不安障害の認知行動療法〈1〉パニック障害と広場恐怖―患者さん向けマニュアル
http://amzn.to/1qtdYbo

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

認知行動療法と言うと、なにか特定の恐怖(電車、美容院、スーパーのレジ)を克服するようなイメージがありますが、私の場合、どれが怖いというよりかは、正直発作が怖いのか、今度の事が怖いのかよくわからないような予期不安がある感じなのですが、そう言った症状でも役には立つのでしょうか?

また、カウンセリングの心理療法も気になっておりますが、どのような療法なのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
認知行動療法は、「恐怖」にも「不安」にも有効です。

恐怖と不安の違いについては以下サイトをお読み下さい。
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/blog-entry-284.html
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問