JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

ストレス球で困っています。 昨年8月の終わりからずっと、喉の異物感があり、 パニック障害でみてもらっている心療内

質問者の質問

ストレス球で困っています。
昨年8月の終わりからずっと、喉の異物感があり、
パニック障害でみてもらっている心療内科で、
ストレス球(ヒステリー球)と言われました。
この症状が出る前の日に、母と1日一緒にいてストレスがありました。
また、仕事でも異性関係でもストレスはあり、
何が原因かは自分でも分かりません。
心療内科でもらっている薬を飲んで様子をみていますが治りません。
漢方薬も試しましたが効きませんでした。
もう半年になるのに改善されないし、
主治医からは休職も提案されましたが、決心が着きません。
ただストレス球の症状が苦痛で、早く治ってほしくて相談しました。
良い方法はないでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
回答を試みてみます。
正確に喉のどこの部分ですか。何かその症状を悪化させること、軽減することがありますか。いつもありますか。だんだんと悪化してきていますか。他に何か症状がありますか。何かきっかけとなるようなことにきずいていますか。
心療内科でどのような検査をしましたか。
他に何か病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて他に何か薬を使用、服用していますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

GATO先生、ありがとうございます。

場所は、喉の入り口辺りだったり、首の付け根くらい下の部分だったりします。

症状は、長期的にはだんだんマシになってきています。

一日の中でも変化があり、朝や夜に特に気になります。

また、緊張する場面や、人間関係でストレスを感じる場面では悪化します。軽減するのは、仕事で忙しかったり、何か夢中になることをしているときです。

きっかけは、最初に書いた通り前日の母と一日過ごしたことで、この時はかなりのストレスを自覚しましたが、その前には何も気付いていませんでした。

心療内科での検査は、口を開けてみてもらったのと、血圧くらいです。

パニック障害意外の病気、他の薬の服用はありません。

手術は4年前と5年前に、乳房の腫瘤摘出(どちらも良性でした)手術を受けました。

家族は、父、祖父母共に癌で亡くなっています。今現在、病気の者はいません。

回答よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
緊張する場面や、人間関係でストレスを感じる場面では悪化し、仕事で忙しかったり、何か夢中になることをしているとき軽減することからストレス球であると思います。
ルボックスとスルピリトのかわりにイミプラミンおよびアミトリプチリンのような抗うつ薬を飲んでみてください。H2遮断薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)、スクラルファート、ガバペンチンのような薬を加えて試してみてもいいと思います。アルゴンプラズマ凝固による胃の入口パッチの破壊が有効という限られた報告もあります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございました。

主治医にこちらから薬の具体的なリクエストをするのは、勇気がいるのですぐに行動できるか自信はありませんが、一度挑戦したいです。

もう一点質問です。

仕事を休職することは効果があると思われますか?

自分では、仕事だけが原因というわけではないし、休むとしたら一年単位になってしまう職種なので、次戻れなくなりそうで休む決心も着きません。

でも、治る可能性が高いなら一度ゆっくりした生活もしてみたいという気持ちもあります。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
仕事を休職することは効果があると保証はできません。
その前に心理療法士により認知行動療法を受けてはどうかと思います。それは不正確または否定的な考えを認識し、その結果難しい状況をよりはっきりみて、より効果的にその状況に反応することを助ける療法です。それによりストレスが減少することを助けます。
それでも効果がない場合は休職またはストレスの少ない仕事に転職を考慮してはどうかと思います。

医療 についての関連する質問