JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2011年4月、6年前に発症した脊柱管狭窄症が憎悪した為、慶応病院にて棘突起縦割術で4,5番の2か所を手術、 その

解決済みの質問:

2011年4月、6年前に発症した脊柱管狭窄症が憎悪した為、慶応病院にて棘突起縦割術で4,5番の2か所を手術、
その後、毎年検査のため受診、異常はないとのことでしたが、最近数か月の状況は術後続いている
腰痛、両下肢のしびれに加え、筋力の衰え、左足上肢のしびれ、立ち上がる際の強烈な痛み,冷感
があり、昨年末総合病院で受診し、MRI等の検査をしましたが、異常はないとのことでした。症状改善と健康維持のため、週3回以上、水中歩行を1時間弱続けています。
私は男性68歳、現在生活習慣病治療のため、高血圧、高尿酸血症、高脂血症、糖尿病(AIC6.4)
前立腺肥大の薬を常用しています。
整形では異常なしですが、どの科を受診したらよいでしょうか?ペインクリニックの対象でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

発症後6年間が経過した脊柱管狭窄症の場合、手術によって症状が改善する見込みはあまりありません。進行を食い止める手術としては成功したと考えられてよいでしょう。

脊柱管狭窄症に限らず、腰椎のトラブルで上肢の痺れは起こりませんので、現在の症状のうち、少なくとも上半身の症状に関しては脊柱管狭窄症の既往とは関係が無いと思われます。

糖尿病のコントロールも微妙なところである上に、高血圧、高脂血症といった動脈硬化の危険因子であるメタボ系の持病を複数患われているようですから、現在の症状に脳血管系の病態が関与している可能性も検討されるべきでしょう。

脳神経外科、循環器科を受診され、全身の血管の狭窄の有無、それが現在の症状に及ぼしている影響の有無について検査を受けられるべきことをお勧めいたします。
特に「閉塞性動脈硬化症(ASO)」の有無については検査を受けられて下さい。
http://e-aso.info/general/what/index.html
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問