JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

耳鼻科で副鼻腔炎の治療のためにサワシリン服用中に薬疹が頸部より下に出て(11/21)服薬中止し、アレグラを内服しはじめました。 11/22に腰痛がありましたが、重い荷物を持ったせ

質問者の質問

耳鼻科で副鼻腔炎の治療のためにサワシリン服用中に薬疹が頸部より下に出て(11/21)服薬中止し、アレグラを内服しはじめました。
11/22に腰痛がありましたが、重い荷物を持ったせいだと思っていました。
11/23に左臀部に発赤疹がありましたが、痛みも痒みもありませんでした。
11/24夜間に左大腿部の強い痛みが短時間ありましたが、夢を見ているような気持ちですぐなくなりました。
11/25には発赤疹が左鼠蹊部にも出現しましたが、痛みも痒みもなく経過し、夜中に37.8℃まで熱を出し、11/26に皮膚科受診して帯状疱疹と診断されました。
11/26ファムビル250㎎6T 7日分
プレドニゾロン20㎎ 3日分…次第に減量し5㎎の後中止。
アレロック5㎎    2T…現在も内服中
メチコバール0.25㎎  3T…現在も内服中
生食250㎖+サクシゾン100㎎2v…点滴8日間(11/26~12/6)
12/8~ネオファーゲン20㎖+ノイロトロピン3㎖ の静注開始
12/11夜半に突然、左大腿の強い神経痛が起き(平均3回/day)、翌朝には原因不明の蕁麻疹が、体幹に出現しましたが、痒みはありませんでした。
12/12~再度プレドニゾロンの内服20㎎~次第に減量し12/19
生食250㎖+サクシゾン100㎎2vの点滴7日間(12/12~12/20)
12/22~ネオファーゲン20㎖+ノイロトロピン3㎖ の静注開始
治療開始後下痢が発生し、ロルカムは2日で内服中止し、ラックビーを服用しています。
診察初日から光線療法(赤外線)毎回継続しています。
皮膚は痂皮も取れ、よくなってきていますが、1月に入ってから、左大腿のあたりに
神経痛が起きる前のような違和感が出てきました。
今後も光線療法と、ネオファーゲンの治療は続けなくてはいけないものでしょうか?
後神経痛が起きるのではないかと心配しておりますが、可能性はどの程度の確率でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
年齢を教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

65歳です。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
約60%の可能性があります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

ただ、光線療法の継続と、ネオファーゲンの注射の継続に関するご意見は

書かれてありませんでしたので、ご返答お願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
光線療法が有効であるということは聞いたことがありません。ネオファーゲンは蕁麻疹に対するものと思いますが抗生物質をやめたのであれば必要はないと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。


今後、神経痛が起きたらペインクリニックに行こうと思います。

医療 についての関連する質問