JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

48歳女性です。 昨年3月に食道がんによるESD手術を受けました。 術前の診断では、m3あたりではないかというこ

解決済みの質問:

48歳女性です。
昨年3月に食道がんによるESD手術を受けました。
術前の診断では、m3あたりではないかということで転移が心配でしたが、幸いにも転移等がなく、半年毎の検診で済むことになりました。
そこでお尋ねしたいのが、飲酒のことなのですが・・・。
この年齢で食道がんに罹ってしまった事自体、アルコールとタバコが大きな要因であるみたいですが、私自身20代中頃から休肝日も取らず飲酒していました。
30代に入ってからは仕事に影響を及ぼさないよう量を減らしていましたが、長年の飲酒がたたり罹患してしまい・・・。
タバコはすぐに止められたのですが、お酒を飲みたい気持ちが抑えられず、術後3ヶ月過ぎた頃からアルコール1%未満のビールを週1に1本飲むようになり、半年後には隔週に1回1本普通のビールを飲んでいます。
私としては、平日は我慢出来ても毎週末1本位は飲みたいのですが、パートナーがどうしても許してくれません。
もともとお酒が好きな者に「少しならいいよ。」と言えないのはわかりますが、週1だけでもダメなのでしょうか?
私なりにいろいろ調べてみても、適した答えが見つからずここにたどり着きました。
思うように飲めなくなり我慢している分イライラしている時が多くなり、お酒のことでパートナーとも何度か言い争うことが増えました。
身体の事を思えば以前のように飲むのは危険だと実感しています。
因みに、主治医には「一生禁酒して下さい。」と厳しいお言葉を頂いています。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「術後3ヶ月過ぎた頃からアルコール1%未満のビールを週1に1本飲むようになり、半年後には隔週に1回1本普通のビールを飲んでいます」とのことですが、なぜアルコール度数の強いビールに移行してしまったのですか?

②最終的に「一生断酒して下さい」という回答をここでしたとしてもプラス評価はいただけるのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①しばらく摂取していなかったので、なるべく低い方から慣らしていくような発想からです。プラス、パートナーからの意見も合わせた結果です。

②評価は評価でさせて頂きます。

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
相談者様と同様、「一生禁酒」されることをお勧めいたします。

医学的には、たしかに、週1回、350~500ml程度のビールの飲用が食道がんの再発に寄与する可能性は低いでしょう。

しかし、相談者様のような患者様の場合、「毎週末1本」では絶対に治まりません。
1本が2本になり、終末だけではなく平日にもなるでしょう。
祝い事があれば「今日は特別だから」と言って飲み、弔事があっても「今日は特別な日だから」といって飲むようになります。
「特別な日」はどんどん増えていく傾向があります。

そして最後は結局、元通りのペースで飲むようになるのです。

私も含め、医師を生業としている者は、そうした患者様を数多く診てきています。
肝臓が、膵臓が、食道が、アルコールによって侵され、生命の危険があっても、多くの患者様は手術を含めた治療が終了すると、遅かれ早かれ飲酒を再開してしまいます。
その結果、その患者様の寿命は縮みます。
そのきっかけは、「たまに1本くらいはいいだろう」なのです。
よって、それを防ぐためには断酒が必要なのです。それがわかっているから、相談者様の主治医も「一生禁酒して下さい。」と告げたのです。私はそれが厳しい言葉だとは思いません。

「週1だけでもダメなのでしょうか?」というご質問でしたが、「絶対に週1では済まなくなるので不可」という回答になります。

相談者様が、「寿命が縮んでもお酒を飲みたい」というのであれば、それを止める術は誰にもありません。お酒は違法薬物ではないからです。

この回答をパートナーの方にもご覧いただいて結論を出されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

早急に回答して頂き感謝しています。

ただ、失礼ながら教科書的な説明に少々がっかりしています。

これら全てを踏まえての質問をしたつもりでしたが・・・。

やはり、お酒が好きな者には信用がないということでしょうか。

回答内容をもう一度よく考え、今後の事を決めていきたいと思います。

ありがとうございました。

医療 についての関連する質問