JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

28日夜体に異変がありました。背中(胃の裏側あたり)にキリキリ締めつげられるような激痛、同時に腹痛も激痛それから1時

解決済みの質問:

28日夜体に異変がありました。背中(胃の裏側あたり)にキリキリ締めつげられるような激痛、同時に腹痛も激痛それから1時間後に嘔吐2回、痛みはかわらず。次の日頭も痛くなつたので市販のロキソニンSを服用その後1時間位で少し背中とお腹の激痛みは和らいだけど29日の午後から猛烈下痢(水様性)になりました30日の午前中までつづいています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①29日に受診されたかかりつけ医の診断を教えて下さい。

②今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんことをご留意下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①診断名は言ってもらえませんでした。今年の9月20日にも同じ症状がでました。この時は私の方から希望して膵臓の血液検査と胃カメラをしましたが異常はないとのことでした。

②過去に30代前半に慢性膵炎の疑いありと医師に言われたことがあります。確定診断はできませんでした。膵臓関係が気になります。なにか検査する項目又は方法がありますか。下痢はよくおこします(食事内容やアルコ-ルで)、胆嚢はとりました。糖尿病ではありません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

①診断名しりたい

②慢性膵炎を調べる方法です

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
①診断名しりたい
⇒前述しましたが、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。いただいた文字情報だけで診断名を教えて差し上げることは不可能です。
これについてはご理解いただけますか?

②慢性膵炎を調べる方法です
⇒これについて、一般的な検査の流れをお教えすることは可能です。

つまり、お答えできるのは②だけになりますがよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

②にの返答お願いします

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

慢性膵炎の診断基準を以下にお示しいたします。

[慢性膵炎臨床診断基準]
慢性膵炎の診断項目
①特徴的な画像所見
②特徴的な組織所見
③反復する上腹部痛発作
④血中または尿中膵酵素値の異常
⑤膵外分泌障害
⑥1日80g 以上(純エタノール換算)の持続する飲酒歴

診断項目①~⑥を全て満たす必要はなく、
A.①または②の確診所見.
B.①または②の準確診所見と,③④⑤のうち2 項目以上.
このいずれかで慢性膵炎の確定診断が付きます(多くの場合はA.によって診断されます)。
よって、回答を簡素化するために慢性膵炎の診断項目の①と②を以下に示します。

①特徴的な画像所見
確診所見:以下のいずれかが認められる.
a.膵管内の結石.
b.膵全体に分布する複数ないしび漫性の石灰化.
c.ERCP 像で,膵全体に見られる主膵管の不整な拡張と不均等に分布する不均一*1 かつ不規則*2 な分枝膵管の拡張.
d.ERCP 像で,主膵管が膵石,蛋白栓などで閉塞または狭窄している時は,乳頭側の主膵管と分 枝膵管の不規則な拡張.

準確診所見:以下のいずれかが認められる.
a.MRCP において,主膵管の不整な拡張と共に膵全体に不均一に分布する分枝膵管の不規則な拡張.
b.ERCP 像において,膵全体に分布するび漫性の分枝膵管の不規則な拡張,主膵管のみの不整な拡張,蛋白栓のいずれか.
c.CT において,主膵管の不規則なび漫性の拡張と共に膵辺縁が不規則な凹凸を示す膵の明らかな変形.
d.US(EUS)において,膵内の結石または蛋白栓と思われる高エコーまたは膵管の不整な拡張を伴う辺縁が不規則な凹凸を示す膵の明らかな変形.

②特徴的な組織所見
確診所見:膵実質の脱落と線維化が観察される.膵線維化は主に小葉間に観察され,小葉が結節状,いわゆる硬変様をなす.
準確診所見:膵実質が脱落し,線維化が小葉間または小葉間・小葉内に観察される.

「①特徴的な画像所見」は主に、CT検査、超音波検査によって確認される所見です。
ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)は、膵臓内部の膵管を造影して内部の病変を描出するための検査です。
http://medical-checkup.info/article/96667444.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「②特徴的な組織所見」は、膵臓の生検(膵臓を一部切除して顕微鏡で組織変化を確認する検査)によって明らかになります。

慢性膵炎では、病気によって血液検査所見や臨床症状が変化するため、診断のためには、複数の画像検査や生検が必要になるため、確定診断をつけることが難しい疾患です。

規模の大きな医療機関の消化器内科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問