JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
CVSURGERYに今すぐ質問する
CVSURGERY
CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験:  医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
72019546
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
CVSURGERYがオンラインで質問受付中

現在救急病院に入院し、病院側が人工呼吸器を付けた。くも膜下出血でドレーン手術治療をすすめた結果、出血箇所が不明な為治

解決済みの質問:

現在救急病院に入院し、病院側が人工呼吸器を付けた。くも膜下出血でドレーン手術治療をすすめた結果、出血箇所が不明な為治療に断念ということで、人工呼吸器を外すなどの話があった。少しでも呼吸ができれば外しても殺人ではない。と言って、反対するとオンマヤ槽設置を12月22日行い、12月24日気管切開手術をして、意識はないが長く生きられると言っていました。ところが、明日12月27日から病院が休みとなるが、人工呼吸器、オンマヤ槽をすべて外すと言ってます。別の病院に移したいです。費用が掛かっても今すぐ死なせたくないです。こんなに弄ったのだから、命を大切にしたいです。どなたかご回答をお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  CVSURGERY 返答済み 2 年 前.
CVSURGERY :

返信遅くなり申し訳ございません。拝読いたしました。詳細が分かりませんのであくまで参考意見として下さい。まず、「治療を断念するので人工呼吸器を外す」ことは、終末期医療でしばしば問題になる行為です。患者さん本人が意思を表明できない状態の様ですね。その場合に、人工呼吸器を外すことにより死が予想されているならば、ご家族全員の同意が無ければなりません。質問者様は命を大切にしたいとおっしゃっている中で、生命予後を悪くする可能性のある行為を積極的に行うことはかなり問題を含んでいると言わざるを得ません。少しでも呼吸があれば外しても殺人ではない という考え方は、通常概念では誤っています。呼吸の力が弱く、呼吸器に頼っている状態では、呼吸器を外すことにより、死が予想されるわけですから、罪に問われる可能性があります。オンマヤ槽に関しては、脳腫瘍でしょうか?脳神経外科先生の御判断に従って良いかと思います。しかし、それを外すことにより死が予想される場合はやはりご家族の同意が無ければなりません。以上の唯一の例外は、リビングウイルがある場合です。御本人が御病気になられる前に、どのような状態になったらもう延命処置は中止してほしい などの意志を明確に文書で残している、あるいはご家族にしばしばはっきりと話していた、、等の状況があれば、充分な検討の後に行われることが許される場合もあります。いずれにせよ、治療を撤退して行くわけですから、基本的に全ての皆様の同意が必要であり、充分に慎重な検討がなされるべきでしょう。以上宜しくお願いします。

Customer:

外そうとしているのは病院側で「少しでも呼吸ができれば外しても殺人ではない」というのは脳外科の医師です。転院したいのですが無理なのでしょうか?転院も入院中の病院の許可が無ければ始まりませんので、何処にも相談できません。どうしたらいいか悩んで眠れません。またケースワーカーの方も今日から1月5日まで休みです。

Customer:

システムが分からずご回答くださったことに感謝することが後になってしまい申し訳ございませんでした。ご回答いただきました事心より感謝いたします。

CVSURGERY :

拝読いたしました。

CVSURGERY :

患者さんの治療は、患者さん、ご家族、医療チームが一体となって、同じ目標に向かい進むことを共有した上ではじめて成り立つものです。ご家族が転院を希望されていることは、残念ながら信頼関係が十分構築されていない状況です。信頼関係は経過の中で話し合いなどの中で形成されますが、恐らく長い治療の経過の中で、色々と細かい事象でも信頼関係を構築しにくい言動が医療チームにあった可能性を察します。転院はご家族の希望であればそうするのが医療サイドの義務でもあります。一方、病態が呼吸器などを装着した状態で安定していて、急を要する状況でなければ、年末年始はケースワーカが休みますし、受け入れ先病院も同様に動きが取り難くなっていますので、現実的には年末年始は肺炎などを起こさないように病態を今の病院で安定するよう管理してもらい、年が明けたらご希望に沿う病院を探すことを相談されるのが良いかと思います。ただ、人工呼吸器がついた状態での長期療養型病院の受け入れ先は限られる可能性があります。その点よく相談していただけたらと思います。場合によっては、お気持ちを担当医師に十分伝えて、転院することなく合併症ない様に呼吸器をつけたまま今の病院での治療を継続できる様に合意を再形成した方が良いかもしれません。参考になりますでしょうか。どうぞ宜しくお願いいたします。

Customer:

とても詳しく親身になってくださり心より感謝いたします。

CVSURGERYをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問