JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1歳2・3ヶ月程度の乳児に睡眠薬を処方するという事があり得るか?の確認です。 プライベートな事ですが、離婚調停

解決済みの質問:

1歳2・3ヶ月程度の乳児に睡眠薬を処方するという事があり得るか?の確認です。
プライベートな事ですが、離婚調停中です。
同居親ではありませんが、子の健康状態について相手よりの状況としては
①子は睡眠障害であり、発達の遅れの恐れ有り。
② ①について、睡眠薬を処方され常用している。睡眠薬が馴染むまで服用が必要と指導されている。
③ ①②の状況にも関わらず診断名(病名)は無い。
①の発端は市の定期健診で指摘があったとされているが、療育は未実施。
②のように睡眠薬の処方に関わらず、皮膚系の痒み止めの薬の服用、風邪薬の併用。
裁判所で出された書面に基づくもの。
私は素人ですが、
「医師が病名無しで子に睡眠薬というリスクのある薬を処方するのか?」
「睡眠薬を処方であれば、病名のない発育障害等ではなく、重度ではないか?」
「睡眠障害で発育の恐れ・・・睡眠薬は脳への影響がある→よりリスクが上なのでは?」
「仮に睡眠薬を乳児に処方、服用させているのであればこれ即ち虐待に近い」
主治医がどう診断したか?という事がポイントですが、”一般的に”という事で見解やご意見を頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

梅宮アンナやホリエモンの発言で物議を醸した「乳幼児への睡眠薬処方」ですが、一般的・常識的には「常用」はありえません(現実に使用している親御さんが少なからずいる現実は別にして)。
http://news.ameba.jp/20140203-417/

http://snn.getnews.jp/archives/233395

理由は単純に、乳幼児を対象として治験が行われた睡眠薬は無く、故に有効性や安全性や、最適用量がわかっていないからです。

検査時などに、医療者の監視のもとで慎重に用いられることはありますが。

乳幼児に対する睡眠薬使用(常用)のリスクとしては呼吸抑制と依存性が挙げられるでしょう。

http://child-neuro-jp.org/visitor/qa2/a28.html

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

「医師が診断名(病名)無しに睡眠薬の処方」という内容があります。

知人のMR(製薬会社勤務)によると

「病名無しで睡眠薬の処方を医師はしないだろうし、病名ありきの処方では? 」というのを聞きました。

症状から病名を割り出し病名により処方するものだろ思いますが、この件では様子見、経過観察の為の処方です。

医師としてあり得ますか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。

睡眠薬に限らず、診断が付いていなくとも処方することはできます。

①健康保険を使用せずに自費診療で処方する。

②実際の診断は付いていないが、健康保険組合には「不眠症」等の、そのお薬の適応疾患の名前を届け出て、保険診療内で処方する。

圧倒的に②による処方が多く行われています。
現実的には、診断が付くまでに時間はかかるけれども、対症的にお薬が必要な場合はあるからです(例えば、腰が痛いと訴える患者様に対して鎮痛剤や湿布を処方する場合など。正確な診断はMRIなどを使用しなければ下せませんが、それまで何もせずに放っておくことは出来かねます)。

この場合、健康保険組合に届け出る「保険証病名」はあるけれども、医学的な意味で、診断書に記載できるような「診断名」は無い、ということになります。

日本では慣例的に許容されることが多いのですが、乳幼児に対する睡眠薬の慢性投与となると、その慣例の範囲を越えていると考えます。

医師としてあり得ません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

この状況で「睡眠薬の処方」はあり得ないだろう という見解を頂きましたが、

市から発達・発育の指摘が有り病院を受診し睡眠薬の処方があるような乳児であれば、療育を勧められ軽度障害や広範性発達障害等の所見をもらい、市町村へ届出を行うものと思われます。

睡眠薬処方等の報告は作業療法士です。療育に関わる事もあり得、意義も理解している筈です。

この「睡眠薬の処方」「常用」等が虚偽であった場合、医療従事者たる倫理から外れた行為であると考えますが、どのように思われますか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

既に「”一般的に”という事で見解やご意見を頂けないでしょうか?」という当初のご質問に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。

追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問