JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今日は57才の女性です、先月、右腰腰痛のためT 病院を受診、肝臓右下に10センチほどの影があるといわれ、二週間、かけ

解決済みの質問:

今日は57才の女性です、先月、右腰腰痛のためT 病院を受診、肝臓右下に10センチほどの影があるといわれ、二週間、かけて、消化器内科で、血液検査、肝機能検査、CT、造影CT、超音波造影、造影MRI、血管造影アンギオ、肝細胞がんと、肝内胆管癌のマ-カ-検査、PET検査とフルコ-スで検査をしました その結果血液検査は正常値、B型肝炎、C型肝炎ウイルスも感染なし、肝機能は正常値。マーカ-は隠性、画像では悪性の所見見当たらず、PET検査は肝臓腫瘍部分にFDGの異常集積なし。 私も右腰に若干の違和感を感じた程度の痛みで、それ以外の悪性腫瘍にあるような自覚症状はありません。 医師は1たとえ良性であったとしても、10センチで大きい腫瘍なので、肝切除手術を薦めています。しかし、手術はリスクがあり、後遺症、合併症、40センチもの開腹手術となると、心配です。 ほぼ良性腫瘍ということなので、手術以外に方法はないでしょうか? 冠動脈塞栓術、腹腔鏡手術、、エタノ-ル術などの選択肢は可能でしょうか よろしくお願いします セカンドオピニオンも聞きに行くつもりです N・S

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

一口に肝臓の良性腫瘍と申しましても、いくつかの種類がございます。
http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/hpb/hepat/hepat-tum/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様の肝臓の良性腫瘍が、もっとも頻度が高い肝血管腫だとした場合、径が10cmを越えますと破裂の危険がありますので治療の対象となります。

その場合の標準的な治療法は外科的な肝切除術です。
肝動脈塞栓術や放射線療法も検討不可能ではありませんが、その大きさでは適応にならないであろうと考えます。
http://karadanote.jp/15419

エタノ-ル注入は血管腫には無効です。

肝切除術以外の治療方法での完治は期待できないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

主治医は(良性の線維腫のようなもの、珍しい症例、ただし大きさが10センチほどあるので肝切除手術が必要、あいにくv年末年始にかかってしまったので、年始に診察して、外科医と相談して、手術したほうがよい、とのことです。

良性の腫瘍でも破裂の危険性があるというご回答ですが、それ以外に、年始まであと三週間近く、放置しても急激に悪化する。たとえば、急激に痛むとか、急激に大きくなる、とか

、大丈夫でしょうか?

標準治療は、肝切除手術というご回答ですが、開腹手術は傷が40センチほどになり、長引く創傷痛、回復の遅れ、後遺症もあると聞きました。腹腔鏡、最先端のラジオ波焼却を伴う腹腔鏡術などもあると調べましたが10センチとおおきいので、、開腹しか手段はないですか?

ご回答よろしくお願いします

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 良性の腫瘍でも破裂の危険性があるというご回答ですが、それ以外に、年始まであと三週間近く、放置しても急激に悪化する。たとえば、急激に痛むとか、急激に大きくなる、とか、大丈夫でしょうか?
⇒医療に100%はありませんが、良性腫瘍ですから、一般論としては、急激に大きくなることはありません。血管腫であれば痛みは生じません。

> 開腹しか手段はないですか?
⇒腹腔鏡による肝切除術という術式は存在しますが、実際に相談者様を診察した医師が「開腹手術は傷が40センチほどに」なると述べられたのであれば、恐らく腹腔鏡手術では切除できない部位に腫瘍があるのだと推察いたします。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問