JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

成年時のADHD不注意優勢型について質問します。子どもの時分から忘れ物、不注意が多く悩んでいましたが最近になって、A

解決済みの質問:

成年時のADHD不注意優勢型について質問します。子どもの時分から忘れ物、不注意が多く悩んでいましたが最近になって、ADHD不注意優勢型をしりました。近くの精神科を受診したところ子どものころ多動性がなければADHDと診断を下せないとの見解でした。子どもの時に多動性が見られなければ、ADHD不注意優勢型の診断を受けることはできないのでしょうか。

あと、米国、日本におけるADHD不注意優勢型の診断基準について教えてください。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
米国の診断基準では12歳前に不注意または多動性があれば成年時のADHD不注意優勢型と認められます。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

12歳以前、および7歳以前には不注意はありました。第三者(教師)から不注意を指摘されていました。

ただ、受診した精神科の医師曰く、小児時におけるADHD-PI(不注意優勢型)の症例が少ないので、ADHDであるとは言えないといわれました。

小児時におけるADHD-PI(不注意優勢型)の症例が少ないのですか?

>>米国の診断基準では12歳前に不注意または多動性があれば成年時のADHD不注意優勢型と認められます。

この場合、適切なADHDの専門医療機関に受診すれば、診断が下りる蓋然性は高まるのでしょうか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
特に少ないとは報告されていません。
適切なADHDの専門医療機関に受診したほうがいいと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問