JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

慢性リンパ性白血病と診断されました。詳しい検査はこれからですが、どんな治療になるのかまだ知らされていません。治療方法

質問者の質問

慢性リンパ性白血病と診断されました。詳しい検査はこれからですが、どんな治療になるのかまだ知らされていません。治療方法、治療費ともに心配です。どのくらいかかるものなのでしょうか。
ちなみに、赤芽球勞をすでに患っています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

慢性リンパ性白血病(CLL)の治療法は臨床病期(0~5期)によって異なりますが、臨床症状が認められない場合は「待機療法」といって、経過観察措置がとられます。

0期:血液中のリンパ球の数は多くなるが、身体の症状や異常はない。肝臓、脾臓、リンパ節の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
1期:血液中のリンパ球の数が増加し、リンパ節の腫れがある。肝臓、脾臓の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
2期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている
3期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている。貧血が起こりはじめている
4期:血液中にリンパ球の数が多く、血小板数が減少しはじめている。出血しやすく、貧血が起こりやすい。肝臓、脾臓、リンパ節が腫れていることもある

病期が進行した場合、抗がん剤による化学療法、抗体療法、脾臓やリンパ節などに対する放射線療法などが、病状に合わせて選択されます。

一般的に白血病の治療には2ヶ月程度の入院が必要で、健保3割負担の方で100万円程度の支払額となります。
しかし高額療養費制度が利用できますので、最終的な自己負担分は20万円未満になります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

【ご参考になると思われるサイト】
http://gansupport.jp/article/cancer/blood/cll/3031.html
https://www.imic.or.jp/library/cancer/034_CLL.html
http://hoken.kakaku.com/insurance/hospi-rate/dis/c=0209/
http://www.cureruby.net/11.html
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

慢性リンパ性白血病(CLL)の治療法は臨床病期(0~5期)によって異なりますが、臨床症状が認められない場合は「待機療法」といって、経過観察措置がとられます。

0期:血液中のリンパ球の数は多くなるが、身体の症状や異常はない。肝臓、脾臓、リンパ節の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
1期:血液中のリンパ球の数が増加し、リンパ節の腫れがある。肝臓、脾臓の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
2期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている
3期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている。貧血が起こりはじめている
4期:血液中にリンパ球の数が多く、血小板数が減少しはじめている。出血しやすく、貧血が起こりやすい。肝臓、脾臓、リンパ節が腫れていることもある

病期が進行した場合、抗がん剤による化学療法、抗体療法、脾臓やリンパ節などに対する放射線療法などが、病状に合わせて選択されます。

一般的に白血病の治療には2ヶ月程度の入院が必要で、健保3割負担の方で100万円程度の支払額となります。
しかし高額療養費制度が利用できますので、最終的な自己負担分は20万円未満になります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

【ご参考になると思われるサイト】
http://gansupport.jp/article/cancer/blood/cll/3031.html
https://www.imic.or.jp/library/cancer/034_CLL.html
http://hoken.kakaku.com/insurance/hospi-rate/dis/c=0209/
http://www.cureruby.net/11.html
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

慢性リンパ性白血病(CLL)の治療法は臨床病期(0~5期)によって異なりますが、臨床症状が認められない場合は「待機療法」といって、経過観察措置がとられます。

0期:血液中のリンパ球の数は多くなるが、身体の症状や異常はない。肝臓、脾臓、リンパ節の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
1期:血液中のリンパ球の数が増加し、リンパ節の腫れがある。肝臓、脾臓の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
2期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている
3期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている。貧血が起こりはじめている
4期:血液中にリンパ球の数が多く、血小板数が減少しはじめている。出血しやすく、貧血が起こりやすい。肝臓、脾臓、リンパ節が腫れていることもある

病期が進行した場合、抗がん剤による化学療法、抗体療法、脾臓やリンパ節などに対する放射線療法などが、病状に合わせて選択されます。

一般的に白血病の治療には2ヶ月程度の入院が必要で、健保3割負担の方で100万円程度の支払額となります。
しかし高額療養費制度が利用できますので、最終的な自己負担分は20万円未満になります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

【ご参考になると思われるサイト】
http://gansupport.jp/article/cancer/blood/cll/3031.html
https://www.imic.or.jp/library/cancer/034_CLL.html
http://hoken.kakaku.com/insurance/hospi-rate/dis/c=0209/
http://www.cureruby.net/11.html
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

慢性リンパ性白血病(CLL)の治療法は臨床病期(0~5期)によって異なりますが、臨床症状が認められない場合は「待機療法」といって、経過観察措置がとられます。

0期:血液中のリンパ球の数は多くなるが、身体の症状や異常はない。肝臓、脾臓、リンパ節の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
1期:血液中のリンパ球の数が増加し、リンパ節の腫れがある。肝臓、脾臓の腫れはなく、赤血球数、血小板数も正常
2期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている
3期:血液中のリンパ球の数が多く、肝臓、脾臓、リンパ節が腫れている。貧血が起こりはじめている
4期:血液中にリンパ球の数が多く、血小板数が減少しはじめている。出血しやすく、貧血が起こりやすい。肝臓、脾臓、リンパ節が腫れていることもある

病期が進行した場合、抗がん剤による化学療法、抗体療法、脾臓やリンパ節などに対する放射線療法などが、病状に合わせて選択されます。

一般的に白血病の治療には2ヶ月程度の入院が必要で、健保3割負担の方で100万円程度の支払額となります。
しかし高額療養費制度が利用できますので、最終的な自己負担分は20万円未満になります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

以上、ご参考になれば幸いです。

【ご参考になると思われるサイト】
http://gansupport.jp/article/cancer/blood/cll/3031.html
https://www.imic.or.jp/library/cancer/034_CLL.html
http://hoken.kakaku.com/insurance/hospi-rate/dis/c=0209/
http://www.cureruby.net/11.html

医療 についての関連する質問