JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5年前、乳がんの抗がん剤治療中、点滴漏れが起き、応急処置で点滴していた部位辺りを囲うように麻酔薬を打ちました。それか

解決済みの質問:

5年前、乳がんの抗がん剤治療中、点滴漏れが起き、応急処置で点滴していた部位辺りを囲うように麻酔薬を打ちました。それから前腕にあった痛みが5年かけて徐々に上へ移動してきて、今は肩回りが痛く、痛み止め薬に湿布やマッサージなど続けていますがこの痛みに関しては痛み止め薬も効果がありません。今度は首回りに痛みが移動しつつあります。このまま頭の方へ移動したら頭痛薬も効かない痛みのせいで日常生活がまともに行えなくなるのではと怖くなります。2度ほどかかりつけ医(術後、担当医が換わりました)に相談しましたがそんな症状はあり得ないと取り扱ってもらえず湿布を処方してもらうだけでした。たまたま症状が出た時期が点滴漏れとタイミングが合った別の原因とも考えられますが(ホルモン療法開始から、老眼が進んだり更年期症状が現れたため)自分には分かりません。整骨院では肩の僧帽筋のコリが肩峰あたりの痛みに影響している様な事を言われました。これ以上痛みで悩みたくありません。頭部へ向かう前に痛みを止めたいのですがアドバイスよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

抗がん剤の点滴漏れで、漏れた箇所の末梢神経が障害されて痛みを含む感覚障害が起こることはありえると思います。しかし、その痛みの部位が移動することは確かに考えがたいことです。
「たまたま症状が出た時期が点滴漏れとタイミングが合った別の原因」による痛みと捉えられた方が妥当なように思われますし、正しい治療にも繋がりやすいと思います。

少し補足情報を下さい。

①肩・首回りの痛みに対して、トラムセットは効果があるでしょうか。

②整骨院では無く、整形外科で、この肩・頚の痛みに関して相談されたことはないのでしょうか。

③頭を大きく回したり、前後に倒すことで、肩・首の痛みに変化が起こりますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございます。

① この痛みに対しては効果はありません。

② 当時は点滴漏れが原因ではと思い、相談は外科の担当医だけにしました。

③ 頭を大きく回す

前・真後ろから痛みのある左側に頭を回そうとすると首スジから肩に強い張りと痛みが出てうまく回せません。右へ頭が来ると左の首スジから肩に強い突っ張り感、右肩に少し痛みを感じます。

前後に倒す

前に倒すと両肩が引っ張られる感じがありますが嫌な痛みは出ません。

後ろに倒すと握りこぶし1個下辺りに痛みが出ます。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ここまでのご記載を拝読する限り、頚椎にトラブルがある可能性が高いのではないかと考えます。
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=kubimawaranai
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、第3~第4頸髄神経(C3~C4)までの多椎間に渡るトラブルが考えられますので、例えば、変形性頚椎症などの可能性が想定されます。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg

【病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】
http://kubi-shibire.com/exp/exp.html

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします(少なくともMRI検査が行える規模の整形外科である必要があります)。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を行ってもらえる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問