JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

おはようございます 18歳の娘の容態が悪く質問いたします 子供の頃からのアトピーと低血圧で 今はステロイドは使わず保湿とプロトピックを皮膚科にかかりながら使っています。 1

解決済みの質問:

おはようございます
18歳の娘の容態が悪く質問いたします
子供の頃からのアトピーと低血圧で
今はステロイドは使わず保湿とプロトピックを皮膚科にかかりながら使っています。
11月初めからは心療内科にもかかり長年違和感を感じていたという不安感の治療を受けています
秋頃から突発性難聴なども出だし
今は
皮膚科 フェキソフェナジン朝昼夕とエバスチン眠前
心療内科 ルーラン4mg朝昼夕 と リスパダール内服液1mg/mL 0.1%(一度服用)
耳鼻科 メチコバール500μg 0.5mg アデホスコーワ顆粒10% 各1朝昼夕(2週間前から)
内科 リズミック10mg 朝夕(6年来)
を服用しています。
がいかにも薬が多すぎではないかと思います
ここ一週間急に容態が悪くなり は学校にも行けず 本人も焦りはあるのに全身の痒み痛み で不眠 昼間は眠気と倦怠感で
起き上がれません。
大学はもう決まっていますので、後は期末試験をどうにか受けることが目下の目標です。
どうかアドバイスをお願い致します。
S.A
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。心療内科医です。
ご質問が漠然としていて何にどうお答えしたものか判じかねています。
「アドバイスをお願いします」とのことですが、今回のご相談でご質問になりたいことをもう少し具体的にお示しいただけないでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
失礼いたしました
増えてしまった飲み薬ですが
これらを同時に飲んで
副作用や 不具合で更に悪化しているのではと
思い始めています
如何でしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

少し補足情報を下さい。

①「更に悪化」とは、どのような症状が更に悪化したのでしょうか。

②耳鼻科では突発性難聴の治療だけを受けられているのですか? 今後どれくらい治療を継続すると説明されているでしょうか。突発性難聴はいつ発症したでしょう。現在は難聴は改善しましたか? この治療にステロイドは使用されなかったのでしょうか?

③心療内科での診断名を教えて下さい。ルーランは「長年違和感を感じていたという不安感」に効いているのでしょうか? 最初からルーランやリスパダールを処方されましたか?

④「増えてしまった飲み薬」とのことですが、最近になって処方が開始されたのは耳鼻科のお薬だけであるように思われます。耳鼻科薬の副作用や従来服用していたお薬とののっっみあわせを懸念されているのでしょうか。

⑤「ここ一週間急に容態が悪く」なったことについて、各科主治医には相談されましたか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
①発疹が身体中に広がり痒みと痛みで夜眠れず朝から眠ってしまいます。起きても無表情でぼうっと しています 力が出なくて食欲もありません
②今夏に一度耳鳴 閉塞感で耳鼻科に行き突発性難聴と診断されました。
ただ二週間の今と同じ薬の服用で治り、ステロイドは使いませんでした
今回も11/25に同じ症状で行き様子を見ていますが治まってきています。
③心療内科ではまだ診断は受けていません。ルーランは 10/16のエビリファイ を経て10/17から飲んでいます
不安時にとレキソタンが出ていましたが、急な不安に襲われて一気にルーランを7回分も飲んでしまい 翌日リスパダールを頓服でもらいました。
ただ不安になるのはルーランを飲み忘れた時なので
そこを注意すればパニック的な不安は避けられています。
④各科でお薬手帳は見せていますが、耳鼻科の薬に限らず薬が多すぎるのではと思っています。どれも欠かせない薬だけに困っています。
⑤各科の先生方は受験が終わってホッとしたから疲れが出たのでしょうと言われますが 苦しんでいる娘を見ているとどうしたらいいものかと
心配で『薬 相談』の検索でご相談している次第です。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

耳鼻科から処方されたお薬のうち、メチコバールはビタミンB12製剤で、飲食物にも含まれていますから、他剤との飲み合わせの悪さ(薬物相互作用)はありません。
アデホスコーワの主成分もアデノシン三リン酸という、体内にもともとある物質です。
よって、耳鼻科から処方されたお薬に関しては、お嬢様の症状の悪化の原因とは考えられません。

「どれも欠かせない薬」という相談者様の洞察は、至って正しいものだと言えます。
実際、耳鼻科薬以外のお薬を減らすことは、治療方針を変更しない限りは不可能でしょう。

「発疹が身体中に広がり痒みと痛みで夜眠れず朝から眠ってしまいます。起きても無表情でぼうっと しています 力が出なくて食欲もありません」とのことですから、主な問題はアトピー性皮膚炎の悪化で夜間の不眠が生じていること、おそらくは心療内科から処方されているルーラン(これは統合失調症治療薬であって、きわめて強い鎮静作用があります)のために日中の眠気と活動性低下が生じているものと推察されます。

⑥アトピー性皮膚炎の治療に、一時的にでもステロイドを使用することには抵抗がおありでしょうか?

⑦心療内科に関して、診断名をはっきりさせて、統合失調症の治療薬を服用する必要がある病状なのかどうか、このお薬が実際に効いているのかどうか、確認することはできるでしょうか。診断も下されないまま抗精神病薬を処方することは非常に危険な試みだと考えます。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございました皮膚科の先生はステロイドを使わない方ではないのですが、 1年かけて減らし、自身の副腎を正常値に戻すことを目指して減感作療法をしていますので、今(昨日受診)は先生も本人もステロイドは使いたくないとの意見が一致しています。
心療内科では統合失調症、解離性障害、思春期の不安定 などの可能性を考えながら、しばらく様子を見て診断します、と言われ同じ医院でのカウンセリングを受けながら(二週間に一度)2ヶ月あまりになります。
おっしゃるとうり、病名が確定していないのに 強い薬を飲むことはよくないですね。
ただルーランを飲むようになってからは、自己否定的なネガティヴ発言で泣きじゃくることは無くなり、効果はあるように思います
効果があるからもう少しやさしい(弱い)薬に移行出来ないかを心療内科の先生にお願いしてみます
前述の薬をたくさん飲んだ時も、目が離せないからと入院を
勧められました。環境かえてこどくになるときっともっと辛くなるのは予想出来たので、家で目を離さない方を選びました。
お医者様は最悪の場合を避けるために早め強めの対策を選ばれているのだと思います。それが娘の体には負担が大きすぎるのかもしれません。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ということであれば、各診療科の主治医が現状の中でお嬢様を診ていく上で、最善の選択をすべく尽力して下さっていると理解されます。

複数の疾患がおありですので、薬剤数が増えることはある程度は避けられないと思います。
その中で最小量、かつ相互作用が無いお薬が選択されていますから、副作用の問題はあるにせよ、現時点で薬剤整理を考えることは難しいと思います。

心療内科的な処方としては、統合失調症までをも疑われているのであれば、治療初期には副作用としての鎮静が現れる用量が用いられるのは一般的な処方です(鎮静作用は時間とともにある程度の慣れが生じることが期待できます)。
現時点では症状が流動的で、副作用を最小限にする処方を行うことは難しいと思われますので、お嬢様、相談者様ともにお辛いかもしれませんが、診断・治療方針が定まるまでの間は、現在の処方で経過を見られるのが望ましいかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます
鎮静作用の慣れが生じる、とは薬による鎮静効果が持続しまるで治ってきたかのようにみえるということでしょうか?
薬のおかげでの安定だから今薬をやめたら よくないと言うことですね。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ルーランを含めた抗精神病薬が病的な不安感や恐怖感を抑える作用と、副作用である眠気やだるさといった鎮静作用は独立したものなのです。

少し専門的に申し上げれば、前者はドーパミンという神経伝達物質を、後者はノルアドレナリンやヒスタミンという神経伝達物質を抑えることで発現します。
そして前者には慣れは生じませんが後者には次第に慣れが生じます。

お嬢様の精神状態がルーランの服薬後に改善したのはドーパミン遮断作用によるものですが、眠気が強いのはノルアドレナリン・ヒスタミン遮断作用のためです。

これら2つの作用は分離できませんので、統合失調症が疑われた場合、眠気が起こることは織り込んだ上で十分量の抗精神病薬を投与する必要があります。

服薬しているうちに、鎮静作用には慣れが生じて眠気は減っていきます。つまり現在の不調のうち、少なくとも日中の眠気に関しては無くなっていくことが期待できます。
いまルーランを止めてしまったら主作用であるドーパミン遮断作用も無くなり精神症状が再悪化する可能性が大です。

よってここは我慢のしどころだと言えます。
ルーランの服薬は継続されるべきでしょう。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問