JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2809
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

肩の腱板損傷につきまして、ocean-sky 医師から回答を頂きましたものです。 併せて、膝の件もお伺いしたく思います。

質問者の質問

肩の腱板損傷につきまして、ocean-sky 医師から回答を頂きましたものです。 併せて、膝の件もお伺いしたく思います。
実は膝も左が8月頃に膝の左側と上部あたりが負荷がかかると痛み、レントゲンとMRIを撮ったところ、変形性膝関節炎+十字靭帯が伸びていると診断されました。 それから肩のリハビリと一緒に左膝のリハビリも受けています。 足の曲げ伸ばしや膝裏を下に押し付けるような運動です。 家でもできるような運動のイラストを貰い、1日3回まではできず、1回やっています。
2週間程前から、階段を降りている時に右膝の上部あたりが痛み、先々週末には膝裏に違和感覚えたと思ったら、夕方頃、しゃんがんだところ立つのに痛みが走り立てなくなってしまいました。 翌日、診てもらい、レントゲンを撮ったところ、「水が溜まってる」「軟骨が左同様にに減ってきている」 とのことで、ロキソニンを1週間分処方されました。 先週再度、診察に行き、腫れは前よりひいてましたし、曲げた時の膝裏の違和感も前のようにはありませんでした。 左に比べれば、まだ少し膝裏に違和感はありますが。
それで、そこで更に5日間分のロキソニンを処方され、次回(今週初め)にまだ水がたまっているときは抜くことも考えましょうということでした。
本来は左膝が悪かったのですが、今は右膝の方が気になります。 左膝の痛みは引き続き、負荷がかかればあります。
変形性膝関節症というのはもっと年を取ってからかかるものだと思っていましたので、両膝ともそうだと言われてかなりショックでした。 今からこれではこの先どうなることか?と。
左は書きましたように、十字靭帯が伸びております。それはそのまま治らないと言われました。  肩と同様に療法士の方は毎回違いますので、アドバイス頂きましたように、1-2人に絞られず、段階的にリハビリしてもらっているのかどうかは疑問です。
このまま運動で治療をするしかないのでしょうか?
(先回の肩の回答の評価を満足とさせて頂きましたが、なぜか、「不満足」という評価となっているようです)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  ocean-sky 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
もう少し詳しく膝のこと、またご質問者様のことを教えていただきたいのですが、
何かスポーツをやっておられますか?もしくは学生時代にスポーツをされていましたか?
お仕事で立ち仕事が多いなど、、、膝に負担がかかるようなことがありますか?

医療 についての関連する質問