JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一人暮らしで89歳の母が 舌がぴりぴりしみて食事ができないと言って半年になります。行きつけの歯科医に相談したら うが

解決済みの質問:

一人暮らしで89歳の母が 舌がぴりぴりしみて食事ができないと言って半年になります。行きつけの歯科医に相談したら うがい薬を処方して下さったのですが良くなりません。食事は柔かくして細かく刻んでいますがむずかしそうです。ほかに血圧の薬等も飲んでいますが このような副作用のでる薬もあるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、お母様が呈されているのは「舌痛症(ぜっつうしょう)」である可能性が高いと考えます。
http://home.e-catv.ne.jp/yamatsumoto/newpage07.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

その原因は多様ですが、もっとも高い頻度で特定されるものは亜鉛不足で、副作用として舌痛症を呈するお薬は、私の知識の及ぶ限り知られていません。

舌痛症は中高年者に多い、しばしば原因不明の病気ですが、基本的には試行錯誤を繰り返しながらの薬物療法で治療されます(亜鉛不足のように原因が明らかな場合はその補充療法が行われます)。
精神科・心療内科で治療されることもあれば、歯科・口腔外科で治療されることもありますが、治療者側のこの疾患に対する認知や知識にばらつきが大きく、口腔外科医なら診られるとか、心療内科医なら診れるというわけではなく、この疾患の治療を行っている医療機関を探す必要がございます。

実際の治療においては、トリプタノールやサインバルタという抗うつ薬、テグレトールやリリカといった抗てんかん薬が主に用いられますが、確立した治療法はありません。

受療先の選択肢の一つとしては、「口腔心療科」「心療歯科」を標榜している歯科や口腔外科がございますので、そのような標榜をしている医療機関で治療を受けられることは選択肢の一つであると思います(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。ご了承ください)。
例:http://byoinnavi.jp/m13

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問