JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3995
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

7年前に、介護などのつかれからか、パニック障害、不安神経症で心療内科で治療しました。 パキシルを主体にソラナックス

質問者の質問

7年前に、介護などのつかれからか、パニック障害、不安神経症で心療内科で治療しました。
パキシルを主体にソラナックスを頓服に、睡眠剤は特に必要とせず、寝つきが悪い時だけデパスを
飲みました。薬があっていたのか、6ヶ月で軽快。断薬しました。しかし何ヶ月後、またパニック発作
が出たので通院。同じ処方でまた軽快。断薬。その後また、発作。通院。同じ薬にメイラックスが追加しました。医師は風邪をひいたらその都度病院に行くだろあまり気にしないで、不安になったら来たらいいといわれとてもこころつよかったのを覚えています。
それが最後のパキシルになりました。その時の断薬はかなりきつかったですが。
それが今から3ヶ月前に、特に何もなかったが、仕事がきつくなったのと、娘の手術、娘の海外勤務、姑の介護と死去が続き、疲れから
またなるかもと言う不安にかられ、医師に相談がてらに行きましたところ、私の主治医がいなくて、その医師の上司の立場の医師にあたり、今までの経緯から、私は何度もパキシルを飲んでは治りまた再発している。パキシルがあってなくて、根本治療ができてないと言われ、頭が真っ白
になりました。でもたいした事はない、睡眠剤だけで治ると、レンドルミンだけ出されたので、私はよく眠れていてどちらかと言うと、不安が強いと言うと、メリックスを1グラム朝、夜処方されました。
確かに不安は無くなりました。ただ眠くて仕方がないのを伝えると、疲れは寝て治さないとと、毎日
睡眠剤を飲んでいます。それと二人の医師の見解の違いもどうなのかと、今は薬ろ医師に対して
納得ができずにいます。知り合いが同じ医師にかかり、やはり睡眠剤を何種類か長い間飲んでいます。私自身が医師や薬に不信を持ちながら闘病しているのはいいのだろうかという事と、やはり
たくさんの患者を診てきた医師が正しいのかアドバイスをいただけたらと思います。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
メリックスはベンゾダイアゼピン系の薬で依存性があり、また耐性ができ薬の量が増えていきます。また長期投与で逆に不安を起こすことがあります。パニック障害、不安神経症は一旦よくなっても再発をします。あなたの以前の担当医の意見が妥当と思います。パキシルでパニック障害、不安神経症がなくなったことから薬はあなたにあっていると思います。以前の担当医と予約をとってパキシルを処方してもらってください。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3995
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

納得のいく返信、ありがとうございます。

今回は、パニックがおきた訳ではなく、なんとなく不安になりそうと言う

程度で、念の為に頓服のソラナックスをいただくつもりで

行きましたら、このような処方になりました。

元の医師は大きな病院から週に一度来られている医師で

今の医師は開業医自身です。同じ狭い医院でこのまま代わるのは

どんなものでしょうか?(そんな事いってる場合ではありませんが)

今回はこのまま現在の薬を勝手にやめてしまうのは危険でしょうか?

せめて、睡眠剤だけでもやめたいのですが。

質問者: 返答済み 2 年 前.

何度も失礼します。パニックも出ていない今、勝手に薬をやめるのは危険ですか?せめて睡眠剤だけでもやめたいです。元の医師に会うには同じ小さな

医院ですので今の医師にも出会います。上下関係?みたいなものがあるみたいです。そんな事を気にしてる場合ではありませんが。今の医師が睡眠剤で病を治すのが主流のようで、毎日眠くて仕方ありません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
前述したようにその睡眠剤はベンゾダイアゼピン系の薬で依存性があり、また耐性ができ薬の量が増えていきます。また長期投与で逆に不安を起こすことがあります。長期服用はしないほうがいいです。現在の薬を勝手にやめてしまうことは重篤な離断症状を起こす可能性があるのでやめてください。元の主治医を受診して相談したほうがいいと思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問