JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、食事中に上唇を歯で噛んでしまう事が多くそのたびに食事が中断して痛い思いをしています。食事をゆっくり食べればいい

解決済みの質問:

最近、食事中に上唇を歯で噛んでしまう事が多くそのたびに食事が中断して痛い思いをしています。食事をゆっくり食べればいいのですが、元来一気に飲み込む方なのでなかなか治りません。
ゆっくり噛んで食べる以外に何か方法はあるでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

加齢に伴って唇や口内を噛んでしまうのは、

・歯並びやかみ合わせの問題により噛みこんでしまう
・歯の消耗によるかみ合わせの変化
・顎の異常
・口腔機能に関わっている筋肉のバランスが崩れ噛みやすくなっている
・疲れやストレスによる注意力の散漫によるもの
・頬の筋肉のたるみによるもの

といった理由によります(http://karadanote.jp/15061 より引用)。

同サイトで紹介されている、

<頬の筋肉のトレーニング方法>
1.タコのように、唇を閉じそのまま前に出す
2.そのまま口内の空気を吸い込み、頬の内側を歯にくっつける
3.その状態のまま5秒間キープ
4.唇をすぼめたまま、ゆっくりと口内に空気を送る
5.最大限に頬が膨らんだ状態のままで5秒間キープ
6.息を吐きながら、元の状態に戻す

を試されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

私の場合は、口の内部ではなく口唇それも上唇なのですが、上記のトレーニングは同様に適用されますか?ちなみにストレスはなく歯医者さんにも良くかよいかみ合わせが悪いとは言われていませんのでまずまずと思っています。口または頬の筋肉のたるみかもしれませんが。。。。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

主な問題は、歯の動き(噛む動き)と、そのその側の頬や唇の筋肉の動きの協調がとれなくなっていることです(上述の「口腔機能に関わっている筋肉のバランスが崩れ噛みやすくなっている」)。

口内を噛むことへの対策は、唇を噛むことへの対策としても有効だと考えます。

前掲の記載はあくまで一般論ですから、以下の全てが、全ての患者様に当てはまるわけではありません。一つか二つ当てはまれば、症状として口内を噛む、唇を噛む、という状態は起こりえます。

・歯並びやかみ合わせの問題により噛みこんでしまう
・歯の消耗によるかみ合わせの変化
・顎の異常
・口腔機能に関わっている筋肉のバランスが崩れ噛みやすくなっている
・疲れやストレスによる注意力の散漫によるもの
・頬の筋肉のたるみによるもの
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問