JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2804
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

副鼻腔のう胞の、手術を7月下旬に手術をして8月1日に退院しました。 副鼻腔と鼻腔の通気口(右)を開放しました。右側の鼻涙管をよけて、小さい穴と、その下に大きな穴を開けるとのことで

質問者の質問

副鼻腔のう胞の、手術を7月下旬に手術をして8月1日に退院しました。
副鼻腔と鼻腔の通気口(右)を開放しました。右側の鼻涙管をよけて、小さい穴と、その下に大きな穴を開けるとのことでしたが、実際には、鼻涙管が癒着していたので、下の方のみ開放手術をした。9月初めから右鼻の付け根及び右頬に痛みと腫れが現れ出血も有る、白濁色の膿が喉に下りる。開放した穴が急激に閉じている(退院後マクロライドの処方はなかった)
参考経過
昭和45年 大阪府立病院 鼻の穴から通す手術(後遺症は、篩骨とう激痛)
昭和62年 竹之内先生(京都府立医大卒)により篩骨とうの袋を除去(大成功)
今後の対応はどうすればいいのか、先生及び病院など、お教えください
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
糖尿病のコントロールはどうですか。

医療 についての関連する質問