JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

さいたま市の野澤と申します。お世話になります。 3日の事ですが、午前中は群馬・富岡に遊びに行き、昼食・夕食共 自宅で

質問者の質問

さいたま市の野澤と申します。お世話になります。 3日の事ですが、午前中は群馬・富岡に遊びに行き、昼食・夕食共 自宅で摂りまして、寝る前に風呂に入ろうとしました。スウェットを脱ぎまして、左足を挙げた所、左脚の異変に気付きました。 ふくらはぎに手の平大の皮膚が剥げていたのです。周囲は赤黒く、正常皮膚との境界は鮮明。しかも、その中に正常な皮膚も存在しているのが不思議。しかも、痛みが殆ど無くて何時受傷したのかは不明。その他の部位としては、太腿の前面部で膝に近い所にも病変あり。但し症状は軽く、水泡状になった1cm角の皮膚欠損。  考えた所、1~2ヶ月前に、左腕内側に、小指大の長方形の異変がありました。その時は、起床時に異変に気付きましたが、膨隆・疼痛無しで、触っても周囲の皮膚との区別はつきませんでした。それは1週間程で、垢が剥けるように消滅しました。     当日は、皮膚剥離の広さから救急車で自治医大・救急に処置をお願い致しました。 5日になり、大宮の「サンルイ皮膚科」を受診。 結局、診断はつかず、火傷に準ずる処置をして頂き、帰宅しました。 処置としては、ソフラチュール貼付、油性の皮膚保護材。風呂もオーケーという事でした。毎日、交換してくれとの事でしたが感染を起こし、近くの内科医に処置を依頼しました。 ところがそこでは、ソフラチュールは交換せずに、治癒するまで替えないでくれとの事。  ガーゼを上乗せして浸出液をとると言う、昔ながらの治療法を提案されました。 困っています。 ご回答、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
その部分の皮膚の生検をしましたか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になります。生検も血液検査もしておりません。近所の内科医(大宮区・松崎クリニック)で10日に処置をされた後、本日11日の午前3時頃、突然 疼痛で起床、慌てて浸出液を吸ったガーゼを剥離し皮膚科医に処方された油性被覆材を貼付、現在は疼痛なしの状態です。フラジオマイシンは正常細胞にも作用し、治癒を遅らせる可能性が有るので、リフラップシートを本日内科医に処方して頂き、明日の夜から貼付予定です。但し、化膿部分があるのでこれを剥離して、一旦 フラジオマイシンの貼付剤を貼付し、その上にリフラップシートを貼付しようかと思います。経過を診て総合診療科を受診しようかと思いましたが、産業医には何故か? 総合病院の内科医への受診を勧められました。因みに 糖尿病は持っておりません。その場合は主に下肢の指から異変が始まると認識しております。自己免疫疾患も考えましたが、それにしては全身から考えると、ごく一部に偏在している病変。 一体 何でしょうかね。 現在一番危惧しているのは、自分で確認できない背部等での発症です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

お世話になります。生検も血液検査もしておりません。近所の内科医(大宮区・松崎クリニック)で10日に処置をされた後、本日11日の午前3時頃、突然 疼痛で起床、慌てて浸出液を吸ったガーゼを剥離し皮膚科医に処方された油性被覆材を貼付、現在は疼痛なしの状態です。フラジオマイシンは正常細胞にも作用し、治癒を遅らせる可能性が有るので、リフラップシートを本日内科医に処方して頂き、明日の夜から貼付予定です。但し、化膿部分があるのでこれを剥離して、一旦 フラジオマイシンの貼付剤を貼付し、その上にリフラップシートを貼付しようかと思います。経過を診て総合診療科を受診しようかと思いましたが、産業医には何故か? 総合病院の内科医への受診を勧められました。因みに 糖尿病は持っておりません。その場合は主に下肢の指から異変が始まると認識しております。自己免疫疾患も考えましたが、それにしては全身から考えると、ごく一部に偏在している病変。 一体 何でしょうかね。 現在一番危惧しているのは、自分で確認できない背部等での発症です。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
類天疱瘡かもしれません。内科ではなく公立の病院の皮膚科を受診して生検とその感染の治療を行ってもらってください。リフラップシートはまだ貼らないでください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問