JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以前後頭部に電気が走るような痛みが何度もあって、今はあまり起きなくなりましたが、最近右目の周りが痙攣するようになりま

解決済みの質問:

以前後頭部に電気が走るような痛みが何度もあって、今はあまり起きなくなりましたが、最近右目の周りが痙攣するようになりました。
何か検査とか受けた方がいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

まず、神経解剖学的に、以前あった後頭部の痛みと、今回の右目周辺の痙攣の間には関連性は無い可能性が高いと考えます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様が呈されているのは「眼瞼痙攣」である可能性が高いと考えます。
眼瞼痙攣には、眼輪筋のジストニアと、線維束収縮の2種類があります。

前者は大脳か、そこから出る太い神経の病気である可能性が高く、両側性で、まぶたがぴくぴくするだけでなく、開けづらくなり、治療も難渋することが少なくありません。

一方、片側のまぶたがぴくぴくするだけの眼瞼痙攣は線維束収縮と呼ばれる良性のもので、大多数の患者様では目の使いすぎやドライアイ、睡眠不足、ストレスが原因となって起こり、目の安静を保つようにすれば1~2週間程度で自然に治ります。
相談者様が呈されている「右目の周りが痙攣する」という症状は、この線維束収縮である可能性が高いと考えます。
治りが悪かったり、体の他の部分にもおなじような筋肉のぴくつきが起こる場合は、神経疾患である可能性がありますので、神経内科(心療内科ではないのでご注意ください)か神経眼科を受診されることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

>前者は大脳か、そこから出る太い神経の病気である可能性が高く

とありますが、そちらは脳の検査を受けた方がいいのでしょうか?

特に心配する必要はないのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様は、片目周囲の痙攣だけで、開眼困難も無いようですので、現時点では眼輪筋のジストニアの可能性を懸念される必要は無いと考えます。

現時点では脳の検査を受けられることは考えられなくてよいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返答不足ですみません。右目は最初疲れからか、痛みがあって、その後痙攣が起こるようになりました。それでも特に心配はないのでしょうか?

脳は心配ないようなので安心しました。ありがとうございます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
前述しましたように、線維束収縮は目の使いすぎやドライアイから起こることが多いですから、「痛みがあって、その後痙攣が起こるように」なるのはよくある経過ですので、特別のご心配は不要だと考えます。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。不安が減りました。また何かあったら相談します。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問