JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4079
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

成人腰椎腫瘍の鑑別

質問者の質問

40歳の兄についてです。 腰痛のため整形外科受診し単純MRIで腫瘍性変化を認めたため、大学病院紹介受診となりました。 腫瘍マーカー上昇なし、CRP陰性で腰椎の良性腫瘍が疑われています。結核性のものも疑いましたが血液検査では陰性でした。担当医は好酸球性肉芽腫を疑っているようですが、成人の椎体にこの疾患は典型的でしょうか?他に鑑別疾患はあがりますか?生検をする前に2か月後の経過を見ましょう、ということで経過観察中ですが、転移性の骨腫瘍または悪性の骨腫瘍が心配です。経過をまたずにすぐに生検をしたりシンチの検査をするのはover treatmentでしょうか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
普通は小児および青年期に起こりますが今まで14例成人に起こったことが報告されています。鑑別疾患としては転移性腫瘍、骨髄腫(血液検査で問題がなければ可能性はない)、骨髄炎(CRP陰性でその可能性はありません)、動脈瘤骨嚢胞、ユーイング肉腫、骨芽細胞腫、ゴーシェ病、および急性白血病(血液検査で問題がなければ可能性はない)があげられます。経過を待たずにCT下で生検をすることは診断とこれからの治療の考慮のために必要と思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

生検をすぐにしていただけるようになりました。骨が硬いので全身麻酔で検査手術の予定と言われました。整形外科のこのような手術では麻酔リスクはどのようなものがあるでしょうか?

医療 についての関連する質問