JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在46歳女性です。 昨日、MRIの検査の結果を聞きに脳外科に行ってまいりました。 過度のアルコールの摂取が

解決済みの質問:

現在46歳女性です。
昨日、MRIの検査の結果を聞きに脳外科に行ってまいりました。
過度のアルコールの摂取があったのと、少し、記憶に問題があるような気がして・・・きちんと検査をしておこうと思ったのがきっかけでした。
結果、脳梗塞があったと言われました。白い小さなもやっとしたものが2つぐらいありました。
それと、MRAというのでしょうか?
頭の血管画像を見せていただいたときに、血管が切れている部分がありました。
先生の話によるとこの太い血管が切れているが、上の細い部分でつながっているので、
大丈夫な状態とのこと。
今後、生活習慣を変えることなどを話され、次回は4月に検査をするということでした。
その際には、甲状腺のほうも検査をしますとのことでした。
初めて、このような検査をしたので、4月でいいのかなと思い、家に戻ってからいろいろと調べました。
私の場合、隠れ脳梗塞という無症状性脳梗塞なのかな?と思いました。
ただ、血管がきれることとについて、よく理解ができません。
どのような時に、血管が切れるのか?
またこれは脳卒中というものですか??
血管が切れてるのがきちんと映っており、そう把握したらいいものかわかりません。
血圧も数年前から高く、薬を飲んでいます。
一時期、事故や流産なので、アルコールを大量に飲んでいた時期があり、また煙草も吸っていました。
今から、薬を飲んだほうがいいのか?(今回、薬は処方されませんでした)
今後、起こりうる症状の可能性。
血管が切れて、そのままという状態はあるのか?
など、アドバイスをいただけたらと思います。
正直、残りの細い血管が切れたら、だめなんだろうなと
長くは生きられないのかななどど思っています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

よって、少し整理させて下さい。

相談者様のご質問は、
1. どのような時に、血管が切れるのか?
2. またこれは脳卒中というものですか??
3. 今から、薬を飲んだほうがいいのか?
4. 今後、起こりうる症状の可能性。
5. 血管が切れて、そのままという状態はあるのか?

の5点であると理解してよろしいでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

私自身も何を知るべきか?よくわからなくて・・・すみません。

捕捉させていただきますね。

・今回、なぜ、血管が切れたのか?切れた原因として考えられるようなことは何か?

・また、このように切れるという症状は、いわゆる一般的に言われている動脈瘤の破裂や?脳内出血というものなのか??

・血管が切れた際に、ふつう起こる症状(出血があるなど・・・)はあった可能性の有無

(というのも、切れているのが大きな血管で、大丈夫なのか?と不安になったので)

・血管が切れても、身体的影響が何もない場合はあるのか?

・心配しているのは血管が切れた際に、出血とかあったのではないか?なら、体に支障がでるのでは?とか、ぷつっと切れても出血もしなくて、後遺症もなく、大丈夫な人はいるのか?とかなのですが、その辺を教えていただけると助かります。

・今回、初めてのMRI検査で、次回、4月との検査ですが、薬が出ないのが不安なような気がしたので、薬はすぐに処方されるものではないのか??

・今後、起こりうるであろう症状と可能性。

(無症状性脳梗塞とこの血管が切れているという状態で)

・普通の生活をしていれば長生きできるのかな??

まとまらないかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず大前提ですが、相談者様の脳内で血管は切れていないと思います。
MRAで、恐らく下のような画像が得られたのですよね(この画像は血管造影検査の画像ですが)?
http://blog-imgs-40.fc2.com/f/c/m/fcmiximiu/105-4.jpg
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑

画像を読影する上で「切れている」という表現は使いますが、実際には血管が切れているのではなく、閉塞もしくは狭窄しているので連続性があるはずの血管が「切れて」映るのです。

本当に血管が切れているのであれば、出血が起こりますから、その出血の痕がMRIで捉えられるはずです。

ここまではよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

まさにそのような感じで、先生も切れてるとおっしゃったので・・・

その切れてるが、単に画像での切れてるのことだったのかもしれません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

画像上切れているのだと思います。

その血管は、従いまして、実際には、切れているのではなく、詰まっているのだと思われます。
脳梗塞が2カ所でみつかったとのことですが、それと合わせて考えるならば、相談者様の脳内の血管は、高血圧や飲酒・喫煙の影響で動脈硬化を起こし、狭窄や閉塞が起こりやすくなっているのだと思われます。

脳卒中とは脳梗塞(血管が詰まって脳の一部が壊死する)と脳内出血を合わせた呼称ですが、相談者様の場合は前者が起こりやすい状態なのだと言えるでしょう。

治療方針としては、まず生活習慣、食習慣の見直しで半年間の経過観察をし、その間に血管の状態が悪化するようならば薬物療法を行う方針なのだと推察します。

MRIとMRAの結果、そして相談者様がまだお若いことから、半年間の経過観察が可能であると判断されたのではないでしょうか。

薬物療法が行われる場合は、いわゆる「血液をさらさらにするお薬」(抗凝固剤、抗血小板剤)が処方されることになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

生活習慣、食習慣の見直しで、現在の状態よりよくなれば、薬は必要ないということですね。

その場合は、通常の健康な状態と思って、脳卒中の不安はほとんどなくなるのでしょうか?

また生活習慣、食習慣の見直しても、悪くなり、薬を飲めば、その薬を飲んでいる限り、脳卒中になる不安も少ないということでしょうか?

薬を飲むようになれば悲しいですが、薬の有無関係なく、これ以上、ひどい状態にならなければ、長生きできるのかな?というか?

薬で抑えるなり、もしくは生活改善でよくなる・・・どちらにしても動脈硬化を起こしそうな今の私の状態では、状態が抑えられたとしても、遅かれ早かれ、脳卒中など、そういう症状になる可能性は、健康な方より多いのか?

はっきり聞いておきたいと思いまして。

うまく伝わらないかと思いますが、気持ちの面でもきちんとしておきたいと思っているので、お手数ですが、よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
残念ながら、いちど動脈硬化を起こしてしまった血管が元に戻ることはありません。
生活を改善しても、お薬を服用しても、です。
薬物療法を行う場合でも、使用されるのが抗凝固剤や抗血小板剤であるのはそのためです。
血管が狭くなっているのは仕方が無いので、血液の方を固まりにくくして詰まりにくくしようという処方思想です。

> その場合は、通常の健康な状態と思って、脳卒中の不安はほとんどなくなるのでしょうか?

> また生活習慣、食習慣の見直しても、悪くなり、薬を飲めば、その薬を飲んでいる限り、脳卒中になる不安も少ないということでしょうか?

⇒いずれの場合でも、相談者様が脳卒中を起こされる可能性は、健常者よりは高いとご理解下さい。

無症候性とはいえ相談者様は既に2回、脳梗塞を起こされていますし、MRAではっきりとわかる血管の狭窄もあります。

上述したように一度生じた動脈硬化は元に戻りませんので、「遅かれ早かれ、脳卒中など、そういう症状になる可能性は、健康な方より多い」ということになります。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問