JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10月14日に耳に帯状疱疹がでていると、耳鼻科で診断され、9日間、リンデロン錠 0.5mg、タケプロンOD、トリノシン顆粒10%、メチコバール錠、バルトレックス錠を飲み終わりました

質問者の質問

10月14日に耳に帯状疱疹がでていると、耳鼻科で診断され、9日間、リンデロン錠 0.5mg、タケプロンOD、トリノシン顆粒10%、メチコバール錠、バルトレックス錠を飲み終わりました。
10月24日にトリノシン顆粒10%、とメチコバール錠を27日分もらってきました。昨日から、頭痛がしひどいので、市販の痛み止めを飲みたいのですが、飲んでも大丈夫でしょうか
頭痛の原因はわかりません。
17歳、男子です。 よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①帯状疱疹は治っているのですね?

②頭痛は、頭のどこが痛むでしょう?

③服用しようとしている痛み止めが既にお手元にあるのであればその名前を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
返信有難うございます。
帯状疱疹が完治しているのかどうかは、わかりません。
10月24日の診察では、帯状疱疹が出来たため、顔が麻痺していたのですが、麻痺の度合いの検査を受けました。現状では、顔の筋肉が75%の状態だと診断されました。
麻痺が治るのは、発症から3ヶ月ぐらいかかるそうです。
頭痛は、全体的だそうです。
痛み止めは、今から買いに行くつもりです。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご子息が呈されているのは、単なる帯状疱疹ではなく、「ラムゼイハント症候群」と診断がなされるべき病態であるように思われます。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10B21400.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

この疾患の症状として頭痛が起こることはありませんので、現在ご子息が呈されている頭痛はラムゼイハント症候群の直接的な影響によるものではないでしょう。
現在処方されているトリノシン顆粒とメチコバール錠は市販の鎮痛剤との薬物相互作用(飲み合わせの悪さ)はありませんので、市販の頭痛薬を服用していただいて問題ありません。

ご子息のご年齢と、まだウイルスに活性がある可能性を考慮するならば、アセトアミノフェンを主成分とする頭痛薬(カロナールなど)を購入され、ご子息に服用していただくことをお勧めいたします。薬局の薬剤師に尋ねられれば教えてもらえると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

追伸 ちなみに、ですが、ご子息がラムゼイハント症候群を患われているという前提で申し上げるならば、(まだもし受診されていないのであれば)耳鼻科の現主治医に紹介状を作成してもらい、神経内科を受診されておいた方がよろしいかと存じます。
「麻痺が治るのは、発症から3ヶ月ぐらいかかる」というのは若干ですが楽観的すぎるかもしれない予後予測であるように思われます。

ラムゼイハント症候群による顔面麻痺の回復率は60%です。
http://www.nih.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2256-iasr/related-articles/related-articles-404/4016-dj404a.html

時には手術も検討されることがある病態です。
http://www.orh.go.jp/oto/hnt.html
http://www.oph.gr.jp/pdf/ganmen01.pdf (大阪警察病院のHPより)

医療 についての関連する質問