JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

18日(土曜日)夕方突然、右大腿前部に激痛が走り、と同時に膝にも同様の「ドックンドックン」というようなが症状が出まし

解決済みの質問:

18日(土曜日)夕方突然、右大腿前部に激痛が走り、と同時に膝にも同様の「ドックンドックン」というようなが症状が出ました。思い当たるきっかけはないのですが、ただ、その2日前から右大腿前部表面にかすかに「チリチリ」とした痛みがあり、それはまるでインフルエンザのあの違和感、ざわつきのごくごく軽い症状でした。18日には当市(千葉県四街道市)から都内浜松町までクラシックコンサートで午後~夕方迄出かけており(往復とも電車で座席に座っていました)帰宅ご約1時間後に発症しました。
生憎の土曜日、翌日も終日痛みは継続し、如何なる姿勢も寝ることさえ阻まれて過ごしました。
週明け20日には取り敢えず整形外科受診。過去のカルテも参考に腰と膝のレントゲンを7枚とり
あとは電気で温めるといった療法でした。痛みどめを頂きましたが、現在に至るまで効きません。
昨日は知人の口コミで整骨院へいきました。膝が大分晴れており、右の腰骨の硬さ、体全体のバランスの悪さなどの調整(引っ張ったり、ポキポキされ、更に鍼、灸、あたためなどを施されその場は心地よく帰宅しましたが。帰路の歩きには違和感がありました。入浴時には痛みがなく、今夜こそは眠れるかと思いきや相変わらず、夜中中疼きが収まらずここ3晩続けてほぼ不眠が続いています。体の不均衡など根本的な治療が必要と思う反面この激痛から逃れたい思いです。
更に、今日も整骨院へ行くべきか。取り敢えず痛みを抑えて貰う手だてがあるのかと思い相談させて頂きました。(平常は1日40分のウォーキングをかかさず、数年来週に一度の太極拳をしています)
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

「体の不均衡など根本的な治療」は我々の守備範囲外ですが、症状から推察する限りでは西洋医学の対象となる疾患による症状を呈されているように思われます。

少し補足情報を下さい。

①受診された整形外科はどれくらいの規模の医療機関ですか?

②膝は実際に腫れているのでしょうか。

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

④腰を悪くされたことはありませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

1. 整形外科「そはら整形外科」は理学療養士数十人を抱えた市内ではまずま  ずの規模と思います。

2.膝は両足を揃えて前に出した状態で見比べますと、明らかに右ははれており、したがって膝上の横の皺の形状も違っています。

3.持病は高血圧症、高脂血症で数年来服用中です。

服用している薬は「メバチロン錠」、「オルメテック錠」です。

4.以前にも膝で「そはら整形外科」にかかったことがあります。が、次回予約時までに完治したので、初診のみでした。その時のレントゲン写真が保管されており、医師はそれを参考に右腰に異常が見られると判断され、そこからの影響かと言われました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので一般論になりますが、下肢に痺れや痛みが現れた場合、整形外科的な病態、それと一部重なりますが神経性の病態、そして血管性の病態を想定する必要があります。

「腰に異常が見られ」、「そこからの影響」で大腿前部と膝に痛みが現れることはございます。
例えば、第4腰髄神経(L4)の根元に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が起きた場合、その神経が感覚を司る領域に痛みや痺れが生じます。
「往復とも電車で座席に座って」いた後に発症したという所見は、腰椎による神経根の圧迫を示唆する状況証拠ではあります。日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位でより高い圧(約1.5倍)が加わり、神経根の圧迫も増すからです。
しかし、この場合、痛みが生じる部位に腫れが生じることはありません。
http://www.octls.com/derl.jpg
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

また、腰椎の影響で下肢に痺れ・痛みが生じていると診断するためにはMRI検査が必要ですし、仮に診断が適切であったとしても電気治療や一般的な鎮痛剤は効果がありません。

一方で、相談者様の場合、高血圧や高脂血症といった、動脈硬化の原因となるような持病をお持ちですから、血管性の病態(足の血管が狭くなったり詰まることによって起こるしびれ・痛み)が起こり、それによって痛みが現れている可能性も考慮しなければならないでしょう。拍動性の痛み(「ドックンドックン」というようなが症状)のようですので、可能性は低くはないと考えます。
ただしこの場合も膝が腫れることはありません。
例:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph89.html

結論としましては、大腿前面の痛みとと膝の痛みを一元的に説明することは難しいように思われます。
膝は腫れていますから、この部位に何らかの局所的な病的変化が起きている可能性は大です。
大腿前面の痛みは腰から来ているのかもしれませんし、血管性のものかもしれません。

私は、整体やマッサージの効果を頭から否定する立場にはありませんが、腰椎の疾患の中には、これらの施術によって悪化してしまうものもあります。また、血管性の疾患であった場合、整体は効果が無く、その間に病状が進行してしまうリスクがございます。

まず、整形外科と循環器科(心臓血管外科)の両方がある総合病院を受診されて、痛みの原因をはっきりさせるべきだと考えます。
診断あっての治療、対処(痛みを抑えて貰う手だて)ということになります。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答有難うございます。

序に、やや説明不足の点もありましたので私見も併せて補足させて頂きたく書き込みました。

1.この痛みは日中はやや収まり就寝後には(現在は)膝のみ間断なく痛みます。日中は他に気を散らすことが出来る所以でしょうか。

2.右腰の違和感(腰かけて座面に接するあたり)は以前から自覚症状としてありました。特に、起床時向きを変える時、かすかではありますが左とは明らかに違います。ただ、起床直後40分のウォーキングが日課でして、この歩きの間に解消しますので歩くことで全身のバランスが適度にはかられているのかと解釈しておりました。

なお、週に一度「ストレッチ」の講座も受講しており、この際胡坐をかきますが、やはり右の開脚がやや悪いと感じておりました。普段から胡坐をかく

のは行儀が悪いと思い、正座を心がけていましたので上手に胡坐をかけないのかとも思っておりました。

また、今回の整体の結果、ふくらはぎの張りもなくなりましたので、血管に障害があってのこととは全く疑いを持ち合わせませんでした。

電車にて長時間座っていたいたことが一因にあげられておりましたが、東京駅で乗り換えていますから、たかだか1時間弱です。

さらに、申し上げませんでしたが、この日は視覚障害者の方と重症の癌患者の方を途中駅で拾ってのサポートを兼ねたコンサート行きでした。前日から、ミスがないようにとかなり緊張をして床に就いたのを覚えています。

帰路その大役から解きほぐされホットした反動も一因化も知れません。

以前にも重い任務から解放された途端に首が曲がって動かなくなるとい珍事が起きたことがあります。人一倍ストレスに弱いのかもしれません。ストレスが原因で嗅覚を失ったこともあり、そんなこんなも併せて頭に置きながら先生のアドバイスを参考にさせて頂くつもりです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

追加の情報を考慮に入れても、先ほどの回答に大きな変更点はございません。

まずは総合病院の整形外科を受診されるのがよろしいかと存じます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問