JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 370
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

<薬剤の副作用などについて質問> 2005年に「頸動脈海面静脈洞ロウ」として患部塞栓の開頭手術を受けました。その後遺症として「複視」を発症翌年右眼の手術を受けましたが、現在でも目

解決済みの質問:

<薬剤の副作用などについて質問>
2005年に「頸動脈海面静脈洞ロウ」として患部塞栓の開頭手術を受けました。その後遺症として「複視」を発症翌年右眼の手術を受けましたが、現在でも目まい、耳鳴り、頭のフラフラ感と痛みなどに苦しめられています。そのための不安から、精神科医を受診、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、「リーゼ、コンスタン、メイラックス、デパス」などを次々と処方され服用して来ましたが、最近「目の痛み」や「瞼の痙攣」が酷くなり、右眼が殆ど開きません。これらもやはり長期間服用した薬の副作用なのでしょうか。その対処法などをご教示頂ければ幸甚です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 2 年 前.
ネットにおいては実際に診察ができないため正確さを欠くとは思いますが最も可能性が高いものを記載いたします。
目が開かない症状については顔面痙攣と考えられます。従いまして、薬の副作用と考えられません。治療法は手術療法とボトックスの注射がありますが年齢を考慮するとボトックスの注射が最も侵襲が少なく楽であると思います。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問