JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14366
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在抗がん剤治療中です。アリムタとアバスチンを5クール終わったところですが2クール目くらいから腰の激痛から始まりヘル

質問者の質問

現在抗がん剤治療中です。アリムタとアバスチンを5クール終わったところですが2クール目くらいから腰の激痛から始まりヘルニアかとの思いましたが画像的にも大した事はなく腰の痛みはおさまりました、だんだんと両足の痺れが強くなり力も入らなく現在歩行困難です。抗がん剤の副作用でしょうか?それとも他の病変でしょうか?今の病院には神経内科がありません。他の病院でみていただいた方がいいのでしょうか?アドバイスお願いします!
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①もともと、どこのがんを患われているのがを教えていただけますか?

②相談者様のご年齢と性別を教えて下さい。

③また、そのステージ(病期)も教えて下さい。

④歩行困難に関して、がんの主治医はどのような見解でしょうか。

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.
肺がんステージ5年前に右肺下除去の手術を
し一年間後に小脳に7ミリの転移がみつかり
サイバーナイフで除去できその後一年後も反対
の小脳に転移があり再びサイバーナイフでの治療
を受けました。縦隔リンパ節の転移が残っています。
58歳女子です。今回の抗がん剤アリムタとアバスチンを
受けた一回目は何もなく二回目から腰痛が始まり今は腰痛はなく
足首から先が痺れています。薬の副作用ではないかと思いましたが
何とも言えないらしいです。よろしくお願いします!
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

がんの腰椎への骨転移が無いことは確認されているのですね?
質問者: 返答済み 3 年 前.
はい骨転位はありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.
はい骨転位はありません。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

アリムタ、アバスチンともに神経毒性があり、末梢神経炎(ニューロパチー)を起こしうる薬剤です。

しかし抗がん剤によるニューロパチーは両手・両足に同時に現れ(手袋・靴下型)、腰痛は伴いません。

相談者様の場合、下肢にだけ感覚障害と運動障害が現れていますので抗がん剤の副作用としての症状とは考えがたいと思われます。
腰痛を伴ってもおられますし、肺がんとは独立した整形外科的な疾患である可能性が高いと考えられます。

整形外科、それも脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

アリムタ、アバスチンともに神経毒性があり、末梢神経炎(ニューロパチー)を起こしうる薬剤です。

しかし抗がん剤によるニューロパチーは両手・両足に同時に現れ(手袋・靴下型)、腰痛は伴いません。

相談者様の場合、下肢にだけ感覚障害と運動障害が現れていますので抗がん剤の副作用としての症状とは考えがたいと思われます。
腰痛を伴ってもおられますし、肺がんとは独立した整形外科的な疾患である可能性が高いと考えられます。

整形外科、それも脊椎・脊髄専門医を受診されることをお勧めいたします。
骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。
下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問