JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

食事を取り始めると、シャックリが出て、戻してしまう。戻すのは胃液ばかり。3日に1度位の頻度。おかゆだと割

解決済みの質問:

食事を取り始めると、シャックリが出て、戻してしまう。 戻すのは胃液ばかり。 3日に1度位の頻度。 おかゆだと割と大丈夫。 プリン・ゼリー状のもの・豆腐・水分は大丈夫。 症状が出たのは、6月9日から。 5月29日に脳梗塞発症。 言語障害が後遺症。 担当医は脳梗塞とは関係が薄そうとのこと。 10月21日に胃カメラを撮る予定。消化器系の担当医はおそらく脳梗塞が原因だろうと言っています。胃カメラの検査が終わるまでは、はっきりしませんが、どちらの担当医も自分の担当とは関係ないと思っているような口振りでした。

どちらが原因でも、治せるものなのか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

しゃっくりのことを、医学用語では「吃逆(喫逆)」と呼びます。
これは一般的な現象でありながらしばしば難治です。

難治性吃逆の原因は多岐に渡りますが、大別すると「中枢性」(脳腫瘍や脳卒中など、脳に原因のあるもの)、「横隔膜性」(横隔膜やそれにつながる神経が刺激されることで出現し、原因として胃の過伸展の他、肺炎や肝臓・肺・食道腫瘍などがある)、「全身病性」に分けられます(http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/medicaldoctor/21892.html より引用)。

相談者様の場合、食事をした際にだけ吃逆が起こるようですから、私も脳梗塞の影響による中枢性のものではない可能性が高いと考えます(脳梗塞の影響によるものならばもっと高頻度に吃逆が現れます)。
横隔膜性吃逆である可能性が高いと思われます。

相談者様の吃逆が中枢性であるにせよ横隔膜性であるにせよ、治療法は存在します。しかしその確実性は高いものではなく、試行錯誤が必要になるでしょう。
http://www.fpa.or.jp/old/fpa/htm/infomation/2008_q-and-a/pdf/09.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

 先日はありがとうございました。10月21日に胃カメラで検査したところ、生検結果はまだですが、どうやら胃がんのようです。シャックリもきっとこのせいだろうと勝手に考えています。悪性・良性にかかわらず手術が必要とのこと。
 今は、脳腫瘍のための薬(プラビックス)を休薬して手術日を調整しているところです。


 

医療 についての関連する質問