JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

爪(右手の中指)に5m幅の黒色の色素沈着が10ヵ月前位から出ました。痛みがないのでほっておきましたが、心配になりお尋

解決済みの質問:

爪(右手の中指)に5m幅の黒色の色素沈着が10ヵ月前位から出ました。痛みがないのでほっておきましたが、心配になりお尋ねいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

「心配になり」とのことですので、悪性黒色腫のような、皮膚のがんを心配されているのだと推察いたします。

少し補足情報を下さい。

①その「黒色の色素沈着」の形は正円でしょうか? そうでない場合、どのような形ですか?

②色素沈着と、周辺の正常な皮膚との境目ははっきりしていますか。ぼんやりしているでしょうか。

③その色素沈着の色調は一様ですか? それとも色むらがあるでしょうか。

④この10ヶ月間で、その「黒色の色素沈着」は大きくなってきていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
<訂正>
①その「黒色の色素沈着」の形は線状でしょうか? そうでない場合、どのような形ですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

爪の真ん中に線状です

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

こちらもお願いします。

②色素沈着と、周辺の正常な皮膚との境目ははっきりしていますか。ぼんやりしているでしょうか。

③その色素沈着の色調は一様ですか? それとも色むらがあるでしょうか。

④この10ヶ月間で、その「黒色の色素沈着」は太くなってきていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

今、本人が不在なので午後戻りましたらご返事いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

境目ははっきりしています。色素沈着の色は薄い黒と茶です。10ヵ月間殆んど変化はありませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

皮膚科領域の疾患の場合、視診せずに診断じみたことを申し上げるのはしばしば困難です。その限界についてはどうかご高配下さい。

爪に境界鮮明な黒茶の線(「爪甲色素線状」と呼ばれます)が現れていることですから、ここで、最悪の可能性として考えなければならないのは、頭書したようにメラノーマ(悪性黒色腫)の可能性です。
http://www.hyogo.med.or.jp/?p=586
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

爪の黒い線の色が濃くてまだら・爪の黒い線の幅が広く色の境界の左右が非対称・爪の黒い線の幅が広がってきた盛り上がってきた・爪の周りの皮膚に黒いしみだしがあって爪が変形してきた、という場合には悪性黒色腫の可能性が高くなります。
http://www.onh.go.jp/derma/compare.html

相談者様の爪の黒い線はこの特徴をことごとく満たしませんので、メラノーマを含めた悪性のものである可能性はきわめて低いと考えます。

メラノーマだったと場合、初期は局部に限局し、全身に影響を及ぼしません。しかし全身への転移が起こりやすく、進行が早い悪性腫瘍です。
爪甲色素線状が悪性であることはごくごく稀です。しかし悪性だった場合のリスクは極めて高いですから、皮膚科専門医を受診されることをお勧めします。

大半の悪性黒色腫(が疑われる爪の黒変)は、経験を積んだ皮膚科医が視診すれば、それだけで悪性かどうかの判断が付きます。この時点で「悪性の心配はない」と言われれば、診察はそこで終了です。

視診して悪性黒色腫が疑われた場合、ダーモスコピーという機器で検査を受けることになります。
ダーモスコピーは要するに性能の良い拡大鏡なので、患者様は全く痛くありません。
ダーモスコピーで悪性所見が否定できない場合は生検を行うことになります。

下記のサイトから、日本皮膚科学会認定の皮膚科専門医とその勤務先医療機関が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【社団法人日本皮膚科学会 | 皮膚科専門医MAP インデックス】
http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問