JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

子宮頸がんの異形成の感染時期についての質問です。 当方男性です。 (1)7月から9月にかけ、私は交際相手(1

解決済みの質問:

子宮頸がんの異形成の感染時期についての質問です。
当方男性です。
(1)7月から9月にかけ、私は交際相手(19歳)と性行為を複数回行った。
交際相手が生理不順治療のためピルを服用していたこともあり、
コンドームを使用しなかった。
(2)交際相手は、それ以前、別の交際相手との関係があったが、
コンドームは使用していた。
(3)10月上旬、交際相手がかかりつけの医療機関で検査を行った結果、
「HPVウイルスの感染による症状があり、将来子宮頸がんになるので、ただちに手術が必要」と言われた。
(4)交際相手は相当ショックを受けており、電話も断られ、詳しい症状等を聞くことが困難
質問:
HPVについて調べたところ、私がコンドームを使用しなかったことは極めて不適切であり、
反省しています。
一方、性行為から手術までの期間が短すぎることが腑に落ちません。
今回の手術は、元交際相手のコンドーム使用が不適切だったのか、
私の行為から短期間で手術が必要な状況に至ったのか、
どちらの可能性が高いのでしょうか。
もし私のせいでなかったとしても、私の行為は不適切であり、
交際相手に謝らなければならないことに変わりありませんが、
疑問を払拭したうえで、きちんと責任をとらなければならないと考えております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

相談者様がその女性にHPVを感染させたのであれば、相談者様がもともとHPVの感染者(キャリア)であったということになります。
もし検査で相談者様がHPVキャリアでないことを示すことができれば相談者様に責任は無いことを証明できますが、残念ながら現在のところ、男性のHPV検査は行われていません。

ただ、それをするまでもなく、相談者様に今回の手術に至ったHPV感染の責任は無いと考えます。
お察しの通り、「性行為から手術までの期間が短すぎる」のです。
HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってウイルスが体内から排除されますので、子宮頸がんになることはありません。しかし、ウイルスを排除することが出来ずに感染が長引いてしまうと(持続感染)、子宮頸がんに進行します。
「子宮頸がんになるまでには、通常、数年~十数年と長い時間」がかかるのです。
http://allwomen.jp/factor/hpv.html より引用。

よって、相談者様の「行為から短期間で手術が必要な状況に至った」可能性は0だと考えます。その女性は、それ以前にHPVに感染されていたのだと思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご助言ありがとうございます。

感染-CIN1-CIN2-CIN3

と進行する課程の各期間(例えば、CIN1からCIN2に移行するまでの期間)について

何か情報、資料等はございますでしょうか。

私の行為からの2-3ヶ月で、最大どこまで進行しうるのか、参考までに

確認できればと思います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
回答を試みてみます。
インターネットで見つかりませんので本の名前とページを紹介します。図書館からコピーを取り寄せてください。それは英語です。
Advances in the screening, diagnosis, and treatment of cervical disease. APGP Educational Series on Womamen's Health Issues. 2002年の7ページです。
ちなみにCIN1(mild)からCIN2(moderate) またはそれより悪くなる可能性は2年以内で11.1%、CIN1(mild)からCIN3(severe)またはそれより悪くなる可能性は2年以内で2.3%で、CIN2(moderate)からCIN3(severe)またはそれより悪くなる可能性は2年以内で16.3%です。2-3ヶ月でCIN1(mild)からCIN3(severe)またはそれより悪くなる可能性はとても低いと思います。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問