JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。自分はタクシードライバーをしています。ここ数ヵ月ですが右膝に鈍痛を感じる事がしばしばあります。レントゲ

解決済みの質問:

はじめまして。自分はタクシードライバーをしています。ここ数ヵ月ですが右膝に鈍痛を感じる事がしばしばあります。レントゲンでは腰の56番がやや狭いと診断され牽引を数回すると少し良くなりますが数日するとまた再発します。これは何か原因があるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

第4腰椎と第5腰椎の間から下肢に伸びている神経は、第5腰髄神経(L5)です。
この神経は膝の外側の感覚を司っていますので、L5が腰椎によって圧迫されることで膝の疼痛が起こりえます。
http://www.octls.com/derl.jpg
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位でより高い圧(約1.5倍)が加わり、神経根の圧迫も増します。
業務上運転席に座っている時間が長いタクシーの運転手さんに腰を悪くされている方が多いのはこのためです。

一度、脊椎・脊髄専門医を受診されてより根本的な治療の可能性について相談されてみるとよいかもしれません。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問