JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

老齢の母が、MRI,

解決済みの質問:

老齢の母が、MRI, レントゲン、菌培養検査の結果、右足指の慢性骨髄炎と診断されました。一部腐骨、関節の骨欠損があります。指が黒ずみ、腫れもあります。(腫れと痛みは現在小康状態です) 菌はBacteroides sp (+1) 少し前まで抗生物質を飲んでいましたが、今は服用していません。医師には手術をするかどうか考えておいてほしいと言われました。手術の結果、腫れや黒ずみの原因が骨髄炎による炎症でなく血流障害など別の理由であれば、腫れが取れない場合もあり、その場合は最終的には指切断になる可能性もあると言われました。手術による血流障害の後遺症もあるかもしれないということです。 今本当に手術をすべきなのか不安になります。

ちなみに、ずっと前から魚の目がひどくなり整形に通っていたにも拘らず、結局そこからの感染となりました。医院を替えて、骨髄炎と診断され抗生物質を服用して様子を見ていましたが、治っているとか、小康状態とか言われ、そのままにしているうちに、急に腫れがひどくなり、より大きな病院に行った結果が上記です。炎症を示す数値はあまり高くないと言われました。具体的な数値等はわかりません。

アドバイスをお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちあ¥は。猫山と申します。

お母様の状態はよくわかりました。

「アドバイスをお願い致します」とのことですが、具体的に、何に関するアドバイスをお求めなのかを教えていただけないでしょうか?

JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。

以下の点につきましてアドバイスをどうぞよろしくお願い致します。

1、現段階では、手術をするのが最適なのかどうかということ

2、手術を急ぐ必要がないとしたら、どのような治療が最適か

3、手術を今しない場合のリスク

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

現時点では、お母様を実際に診察している主治医にも、お母様の右足指の黒ずみ・腫れの原因がわかっておらず、まず慢性骨髄炎の手術を行い、それでも黒ずみ・腫れが改善しなければ足指の切断手術を行う方針であるのだと理解いたします。

1~3の全てのご質問は、お母様を実際に診察も検査もできないインターネット相談では回答しがたいものです。

①むしろ主治医にご質問になるべき事項かと考えますが、主治医にはお聞きになりましたか?

②もしくは、他院でセカンドオピニオンを受けられるご意向はないのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

①はい、伺いました。手術をした方が完治の可能性が高まるということで、そうするのだと思っていましたら、考えておいてくれと言われ、そこで?と疑問が出てきました。考える余地があるのだったら、そこまでする必要が今ないのかという疑問です。

②意向あります。その場合は、すでに得たレントゲン写真やMRI資料などは簡単にいただくことができるのでしょうか。

一般的な見解で結構ですので、症状に対する治療方法について、お教えいただければ幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

「一部腐骨、関節の骨欠損が」認められるとのことですから、慢性骨髄炎という診断そのものは間違っていないと考えてよいと思います。
この場合、一般論として、慢性骨髄炎の治療のための手術は絶対に必要です。
腐骨とは血行が失われて壊死した骨であり、血液が届かないがゆえに患者様ご本人の免疫細胞や、抗生物質が届きません。この腐骨を苗床にして細菌が繁殖しますから、外科的にこれを取り除かないかぎりは慢性骨髄炎は治りません(一般的な術式としては、腐骨を除去し、かつ周囲の健全な骨もある程度取り除き、それによって骨の血管新生を促します)。
「手術の結果、腫れや黒ずみの原因が骨髄炎による炎症でなく血流障害など別の理由であれば~」という部分については、個別性が高い事案ですので何とも申し上げられません。

従いまして、1~3にまとめてお答えするならば慢性骨髄炎に関しては、手術以外の治療選択肢はなく、故に手術を急ぐべき、という回答になります。

「考えておいてくれ」というのは、お母様のご年齢を考えてのことではないかと考えます。
麻酔リスク等は高くなりますから(手術は全身麻酔で行います)、家族として慎重に考えて同意してほしい、という意味ではないでしょうか。
意訳すれば、「手術は行いたいが、事故があって揉めるのは嫌なので、高齢者の手術はリスクが高いこと、手術が成功しても良い結果が得られないかもしれないこと、をあらかじめ家族の方にご承知おきの上で手術に同意し、術後の結果にはクレームをつけないでほしい」と言いたいのではないかと推察いたします。

ここまでのご記載を拝読する限り、セカンドオピニオンは受けられた方がよさそうな印象を受けます。
セカンドオピニオンは患者様の当然の権利であり、「すでに得たレントゲン写真やMRI資料」のコピーと紹介状は、依頼すればスムーズに作成してもらえる……のが建前です。
残念ながらわが国ではまだ意識が低い医師も多く、セカンドオピニオンを申し出ても良い顔をしない医師もいることは事実です。
よってこれはお母様の主治医の人柄次第ということになるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様


 


すみません、返答が遅れました。この最後の欄には、詳細情報が必要または不明点がある場合は返答、と書かれてあったので、満足の場合はしてはいけないと思っていました。評価をさせていただくことで満足の意思表示ができたものと思っていて、大変失礼致しました。


 


納得のいくアドバイスをしていただき誠にありがとうございました。

医療 についての関連する質問