JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

70歳男性です、皮膚症状が出て9月19日にかかりつけ内科医で帯状疱疹と診断されました、今日で10日となります、症状は

解決済みの質問:

70歳男性です、皮膚症状が出て9月19日にかかりつけ内科医で帯状疱疹と診断されました、今日で10日となります、症状は右側の耳を中心に首の片側全体と頬の下、肩と胸の乳首の上全体に湿疹が広がって、強い刺されるような痛みがつずいています、特に耳から、首筋にかけてひどく痛み、頭痛も強い状態です、治療はバルトレックス錠500を1回2錠1日3回、7日間とリリカカプセル25を朝と昼75mgを7日間服用し、その後、リりカカプセル75mgとロキソニン60mgムコスタ100mgを朝、夕2回服用しています、そのほかに、塗り薬カチリ「ホエイ」を1日2回ほど塗っています、お聞きしたいのは今現在、痛みがかなり強いのですがこのまま我慢するしかないのですか?ということ、あるいは皮膚科専門医の診察を受けたほうがよいのでしょうか、今は内科の先生のためか皮膚の症状はほとんどみてくれません今も皮膚の症状は治まっていないように思います、宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

帯状疱疹は、水疱瘡のウイルス(ヘルペスウイルス)が、水疱瘡が治った後も神経の深い部分に潜伏していて、加齢などにより宿主の免疫力が落ちた際に活性化して神経をむしばむことで起こる疾患です。

よって、皮膚症状は出ますが、実際にはこれは末梢神経の疾患です。

ご記載を拝読する限り、内科とはいえ、帯状疱疹そのものに対する治療内容は適切であるように思われます。

ただ、疱疹が出ている範囲が広いですから、帯状疱疹としては重症の部類に属します。

現在もまだ、疱疹は残っていますか? それとも、疱疹はほぼ薄れつつあるのだけれど痛みが持続しているのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

疱疹は今も出始めたころと同じように出ていますが、ほんの少し赤黒くなってきたくらいです、

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

帯状疱疹は、ウイルスが活性化した状態で神経を攻撃する時期である狭義の帯状疱疹と、ウイルスは抑えられたけれども、ウイルスに破壊された神経のために痛みが残る「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる状態とに分けられます。

一般的に狭義の帯状疱疹は抗ウイルス薬開始後1~2週間で治まり、疱疹が無くなりますが、相談者様の場合は10日目でまだ「疱疹は今も出始めたころと同じように出て」おられるとのことですから、治りが遅いと言えます。
まだウイルス活性が高く、帯状疱疹の急性期が続いているということです。
この回復の遅さと、疱疹が現れている部位の広さとを考え合わせると、相談者様の帯状疱疹は重症だと考えれます。

抗ウイルス薬であるバルトレックスは、現在最高用量(3000mg/day)が用いられていますから、これを点滴投与できる他の抗ウイルス薬に変更する必要があるかもしれません。
また、疼痛に対してもより治療を行う必要がございます(リリカは帯状疱疹による神経痛によく効くお薬ですが、これを600mgまで増やすことが検討されるべきだと考えます)。

皮膚科専門医がいる皮膚科、それも、神経内科やペインクリニックがある総合病院の皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問