JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2週間前 PSA値が基準より高かった為 検査入院をして 腰椎麻酔をして肛門から針を刺し 12点の細胞採取を行いまし

解決済みの質問:

2週間前 PSA値が基準より高かった為 検査入院をして 腰椎麻酔をして肛門から針を刺し
12点の細胞採取を行いました。
結果が2日前に分かり すべて 悪性ではなく 問題ないという結果でした。
ただ 尿の出があまりよくないので 薬を今服用しています。問題は 精液が真っ赤な血色
状況が 続いているのですが 放置すれば治るものか 何か 薬等で治すものかを 御享受
頂きたいと思います。
私は この10月で 59歳 (男)です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様は「血精液症」を呈されている可能性が高いと考えます。

精液に血が混じった状態のことです。
出血が最近のものであった場合は赤い精液、出血から少し時間が経つと酸化のために黒っぽい精液になります。

相談者様が血精液症を呈されるようになったのは、前立腺の針生検を行って以降ですか? それともそれ以前から認められていたのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生 ありがとうございます。このような血精液症の状況は

以前にはなく 今回の検査入院にて 針生検をしてから 7日後に 術後

初めての射精で気が付きました。まったく 痛みはありませんが

非常に不安でならないので 今後の対処をよろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げますと、ご心配には及びません。

精液は大部分が前立腺と精のうで作られます。

まず血精液症の一般論について説明いたします。

血精液症は前立腺や精のうの炎症によるものが大多数です。
大半の例で、前立腺炎が原因となっていることが多く、これは、長時間の座り仕事や、精神的なストレスでも起こることがあります。
尿路感染のように自覚症状がある場合もありますが、ほとんどは自覚症状はありません。

前立腺や精のう、あるいは尿道の悪性腫瘍、つまり、がんが、血精液症の原因になっている場合もまれではありますがございますので、その鑑別のための検査は必要です。

血精液症の原因は、検尿や直腸診、精管や精巣上体の触診、超音波診断などで検索します。一定以上の年齢の患者様では前立腺がんなどの悪性腫瘍の有無を確認する検査が行われます(※相談者様の場合、生検によってこれは否定されています)。
これらの検査で各器官に異常が無ければ、特別の治療は要しません。通常、2~3週間で自然治癒します。
炎症に対して、抗生物質の投与が行われることもあります。

【血精液症】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

つまり、前立腺に炎症が起きただけで血精液症は起こるのです。
生検ではその前立腺に針を何本も刺すわけですから、当然ながら血精液症は起こります。
血精液症は前立腺針生検の、ほぼ必発の合併症です。
http://www.akira-kimura.com/sinryou/pr-biopsy.html
http://kitsukawa-clinic.jp/prostate_biopsy.html

相談者様の場合、「針生検をしてから 7日後に 術後初めての射精」で気づかれたとのことですが、「真っ赤な血色」であったとのことですから、この時点でまだ前立腺の出血が続いていたのでしょう。

針生検に伴う血精液症は一般的には2~3週間程度で治まります。
特に治療は要しませんし、性行為も通常通り行っていただいてかまいません。
通常、針生検の同意説明文書に、血精液症の説明はあるものなのですが……

ともあれ、頭書しましたように、重大な心配されるような事態ではありませんのでご安心下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問