JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは!お願いします。 私は66才の主婦です。 相談したいのは71才の主人の事です: 8月11日脳梗塞を起こして

解決済みの質問:

こんばんは!お願いします。
私は66才の主婦です。
相談したいのは71才の主人の事です:
8月11日脳梗塞を起こして 救急車に運ばて、その病院で治療をして頂き、のち、ぃまのリハビリテーション病院でリハビリをして回復する事を望みましたが…最初に行った病院の二週間は自分でゆっくり立ち上がったりして少し歩く事もできました、ところでリハビリ病院に転院する3日前ぐらい前から状態がちょっとおかしい、ずっと目を閉じて、自分からは動けなくなった、9月1日から今日までずっと寝たきりの状態です。こういう事でありますか?前の病院の先生からは一切の説明もありません。
教えて下さい! 夜分遅くにすみません?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
脳梗塞の場合、ご家族には納得しがたいことではありますが、入院し、適切な治療を受けてもしばしば進行したり、新たな脳梗塞が出来ることがございます。
ご主人の場合もそうである可能性が高いと考えます
①急性期治療を行った病院では、状態が悪くなった後にMRI検査を行い、入院時と比較することはされていないのですね?
②現在入院中の病院にはMRIはあるでしょうか。
③リハビリ病院の主治医はどのような見解ですか?
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①急性期治療を行った病院は状た態悪くなったあとに何も検査をしなかった。

②いまの病院MRIあるかどうかは分かりません。

③今の主治医はこのまま様子を見るとリハビリをやって行きます。との事です。

質問者: 返答済み 3 年 前.

①急性期治療を行った病院は状た態悪くなったあとに何も検査をしなかった。

②いまの病院MRIあるかどうかは分かりません。

③今の主治医はこのまま様子を見るとリハビリをやって行きます。との事です。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

脳梗塞は、動脈硬化で細くなった血管に血栓などが詰まり、その先に血液が届かなくなって脳の一部が壊死してしまう疾患です。

脳梗塞を起こされるような患者様では動脈硬化は全身の動脈に起きています。よって、初回の脳梗塞が起きた後、適切な治療が行われても、再発や悪化が起こることはございます。脳梗塞とはそういう疾患なのです。
http://www.saechika.net/kbk/main1/nou/NKS-saihatu1.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ご主人の場合も、「転院する3日前ぐらい前から」比較的急激に状態が変化していますから、このタイミングで再発が起きた可能性が高いと考えます。

医学的観点から申し上げれば、それ自体は避けようがなかったことなのかもしれません。

ただし、そこで検査を行わず、奥様である相談者様に会いもせず、状態が悪化したままリハビリテーション病院に送り込んでしまった前病院の主治医の対応は、倫理的には問題があったと言わざるをえないでしょう。

とはいえ、残念ながら現時点で元の病院に戻ることは難しいと思われます。
現在の病院の主治医に、転院3日前の急変が脳梗塞の再発だったのではないかと尋ね、その病院で行いうるかぎりの検査を行っていただいて現在のご主人の脳の状態を評価してもらって、その結果に基づいた治療と、リハビリテーションを行っていただくのが、現状可能な最善の方策かと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問