JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr.morinoに今すぐ質問する

Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

森野先生 内科の事について質問です 一昨日から両足首周りからつま先にかけてむくみが出ました くるぶしが隠れ

解決済みの質問:

森野先生
内科の事について質問です
一昨日から両足首周りからつま先にかけてむくみが出ました
くるぶしが隠れてしまって、おだんごみたいになっています
特に右がひどいです
橋本病で、数値は低いです
あと、おばにリュウマチの人がいます
お酒は毎日たしなんでいます
本日内科に予約を取ったのですが、受付の人と電話で話した時に、むくみだと別の病院に紹介になるかもしれません、と言われました
何かに受診したらよいでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 2 年 前.
Dr.morino :

すみません。再投稿していただき、ありがとうございます。

Dr.morino :

橋本病は、内科にかかっておられるのですよね。

Dr.morino :

その内科で、別の病院と言われたということですか?

Dr.morino :

お酒を飲んで、食事は、あまりとっていなかったとかないですか?

Dr.morino :

たぶん、そのむくみですが、お酒で肝臓が弱ってでは、ないですかね。

Dr.morino :

2~3日お酒をやめて、寝るときに足もとに座布団など敷いて、足を少し高くして寝てみてください。それで、むくみが取れるようなら、お酒が原因のむくみですので、週1は休肝日を設けた方がいいですよ。特に、薬を飲んでいるので、お酒の代謝が阻害されて、必要以上に肝臓に負担がかかりやすいですからね。

Customer:

森野先生

Customer:

やっぱりお酒が原因でしょうか

Customer:

橋本病は数値が安定しているので、病院には行っていません

Customer:

精神科の方で、ついでに血液検査を年一度してもらっていて、それで数値が出ていないので、行っていないのです

Customer:

禁酒して、様子を見てみます

Customer:

ありがとうございます

Customer:

ところで、本日はカウンセリングに行って参りました

Customer:

うつの質問票の結果は、低度のうつ

Customer:

解離性障害の質問票は、27.2でした

Customer:

思ったより高くないね、って山本先生に言われました

Customer:

あとは、一日飛んでしまった事を話して、来ました

Dr.morino :

解離性障害は、軽いということですね。

Dr.morino :

カウンセリングの先生は、1日記憶が飛んだこと、なんておっしゃっておられました?

Customer:

はい、中程度の解離性障害と言われました

Customer:

一日飛んでしまった事は、たぶんお客様が来ることで緊張していたのでしょう、との事でした

Customer:

玄関に男の人が来た事も、なにか関係しているのではないかとの事でした

Dr.morino :

男性に対する不安感や恐怖心があるということですかね。

Dr.morino :

今回もお客さんは、男性でしたよね。

Customer:

森野先生

Customer:

父が母に対してお湯のみを投げたり、浮気相手の女の人が玄関で騒いでいたりしました

Customer:

それが関係しているのでしょうか

Customer:

山本先生にはその話はしてあります

Dr.morino :

その記憶が関係していますね。

Dr.morino :

たぶん、その実経験が、相談者様の中で男性に対する恐怖心を生んでいるのでしょうね。

Dr.morino :

だから、男性に反応しやすいのでしょう。

Dr.morino :

今回、日曜日に記憶が飛んだのは、お客さんが男性で、無意識的に恐怖心が相談者様の中で生まれていたのでしょう。

Dr.morino :

それを心が察知して、相談者様を助けるために、記憶を飛ばしたのでしょうね。

Dr.morino :

心が相談者様を恐怖から救ったのですよ。

Customer:

森野先生

Customer:

そうなのでしょうか

Dr.morino :

山本先生も、この話を知っておられて、関係していると話ししておられることから考えると、山本先生も同じことを考えておられるかと思います。

Dr.morino :

ただ、今、そのことに触れるのは、負担が大きいので、さらりと流しておられるのだと思いますよ。

Customer:

森野先生

Customer:

なんだか頭がぽーっとしてきました

Customer:

音が遠く感じます

Customer:

音楽を流していたのですが、音が遠いので消しました

Customer:

頓服をのんだ方が良いですか?

Dr.morino :

頓服飲んでください。

Dr.morino :

おそらく、今、例の話をしたからですよ。

Dr.morino :

やっぱり、この話は、相談者様にとって、まだ、触れてはいけない話ですね。

Dr.morino :

頓服飲んで、ちょっと、落ち着いてから話ししましょう。

Customer:

森野先生

Customer:

頓服飲みました

Dr.morino :

話しできそうですか?

Dr.morino :

少し時間おきましょうか?

Customer:

ちょっと時間をおかせて頂きたいと思います

Customer:

まだ先生はオンラインでいらっしゃいますか・

Customer:

また後で、ログインしても宜しいでしょうか

Dr.morino :

私は、このまま、オンラインにしておきます。

Dr.morino :

落ち着いて、大丈夫になったら、また、ログインしてください。

Customer:

森野先生

Customer:

すみません

Customer:

ありがとうございます

Customer:

少し休んでまたお邪魔致します

Dr.morino :

はい、ゆっくりしてください。

Dr.morino :

相談者様へ

Dr.morino :

時間が飛んでしまったようですね。

Dr.morino :

私のせいで、申し訳ありません。

Dr.morino :

相談者様の防衛機能を発動させてしまったしまったようです。

Dr.morino :

本当に、申し訳ありません。

Dr.morino :

今日は、これから会議に出席しないといけないので、続きは、また後日に、お願いいたします。

Dr.morino :

P.S

Dr.morino :

自分を責めないでくださいね。

Dr.morino :

相談者様の奥底にしまわれていた病気の元が表面化してきているのです。

Dr.morino :

カウンセリングを始めた時に言われましたよね。記憶が飛びやすくなるかもしれないと。

Dr.morino :

これは、決して、悪いことではないです。

Dr.morino :

むしろ、良い方向に向かっているのです。

Dr.morino :

だから、決して、自分はダメだとか責めないでくださいね。

Dr.morino :

では、また、後日。お返事待っています。

Customer:

森野先生

Customer:

すみませんでした

Customer:

今、気が付きました

Customer:

時間が飛んでいたみたいです

Customer:

また明日宜しくお願い致します

Dr.morino :

大丈夫ですか?本当に申し訳ありませんでした。

Dr.morino :

明日、金曜日、お待ちしています。

Customer:

森野先生

Customer:

先生のせいではないので、気になさらないで下さい

Customer:

本当に、違いますから(^^)

Customer:

今日は一日家にいますので、時々のぞきにきます

Customer:

宜しくお願い致します

Customer:

森野先生

Customer:

おはようございます

Customer:

昨日は申し訳ありませんでした

Customer:

今日は元気に起床しました

Customer:

今は猫の毛の手入れをしていました

Customer:

カウンセリングの事ですが、早ければ1年半くらいのカウンセリングで良くなる可能性があるとの言葉を頂きました

Customer:

あと、毎日なにか自分が楽しい事を一つする、というお話をしました

Customer:

詳しい事は時間が来てしまって、また次回になりましたが、猫と遊ぶとかでしたらもうやっているのですが・・・

Dr.morino :

お返事

Dr.morino :

遅くなりました。

Dr.morino :

今日は、カウンセリングの先生から出された「毎日、楽しいことを1つする」について話し合いますか?

Customer:

森野先生

Customer:

すみません

Customer:

時間が飛んでました

Customer:

今、気が付きました

Customer:

本当にすみません

Customer:

こちらで、待ってます

Dr.morino :

いえいえ。大丈夫です。

Dr.morino :

今からでも、よろしいですか?

Customer:

森野先生  はい、大丈夫です  ちょっと頭がぽーっとしてますが、大丈夫です

Customer:

宜しくお願い致します

Customer:

楽しい事を一つするという事について、お話ししたいのですが

Customer:

何をしたら良いのでしょうか

Dr.morino :

猫ちゃん以外に好きなことや興味のあること、ありますか?

Customer:

フランス刺繍が好きですが、猫がいるので、糸に絡みついてきて出来ません

Customer:

あとは旅行が好きです

Dr.morino :

旅行は、毎日、無理ですよね。

Dr.morino :

動物、好きでしたよね。

Dr.morino :

熱帯魚なんて、興味ないですか?

Customer:

旅行は無理ですね(^^ゞ

Customer:

熱帯魚ですか?

Customer:

グッピーとか?

Dr.morino :

そうそう。でも、猫ちゃんがいるから、ダメ?

Customer:

うーん、魚系は飼った事はありません

Customer:

熱帯魚ですか?

Customer:

猫がいるから無理ですね

Dr.morino :

ジクソーパズルとかは、嫌いですか?旅行に行くのは無理だけど、ジクソーで好きな国の風景を作るとか。

Dr.morino :

動物でもいいけど。

Customer:

グクソーパズルも猫がいるので、出来ないんです

Customer:

ちょっと一人で考えてみます

Customer:

ところで、昨日母にカウンセリングの受けた内容を話した時に、解離性同一性障害とはどんな症状かという事を話しました所

Customer:

以前病気になってからですが、私が赤ちゃんみたいに甘えたりしたことがあったけど、それはどうなの?って聞かれました

Customer:

ちょっと一人で考えてみます

Dr.morino :

解離性同一性障害は、いわゆる、多重人格です。

Dr.morino :

つまり、1人の人間の中に複数の人格者が存在している病気です。

Dr.morino :

何度か、その病気の方を診ましたが、話の途中で人が変わり、別人の方が出てこられ、名前も違う名前を名乗られました。

Dr.morino :

ですので、お母様が言われる、「赤ちゃんみたいに甘えることがあった」というのは、解離性同一性障害ではなく、幼児返りというものです。

Dr.morino :

寂しさや孤独感が強い時に、起る現象です。

Dr.morino :

幼い状態になることで、甘える。それで、気持ちを和ませているのですね。

Customer:

森野先生

Customer:

良かったです!同一性障害じゃなくて(^^)

Customer:

でも幼児返りなんて、ちょっと恥ずかしいですね

Dr.morino :

幼児返りする方、多いですよ。

Dr.morino :

精神的な病気になる方は、みなさん、一人で抱え込んでしまう方が多いので、辛さも一人。

Dr.morino :

甘えてはいけないと思っておられ、我慢されているのでしょうね。

Dr.morino :

だから、ふと、幼児返りして、甘えるのでしょうね。

Dr.morino :

恥ずかしいことでは、ないですよ。

Customer:

森野先生   そうなんですね

Customer:

恥ずかしかったけど、恥ずかしい事ではないのですね

Customer:

今はそういう症状は出ていないみたいです

Dr.morino :

そうですよ。幼児返りは恥ずかしいことではないですよ。辛い時は、甘えたいという人間の本能でしょうね。

Dr.morino :

でも、今は、甘えないのですね。

Customer:

はい、そうですえ

Customer:

今は甘えていないみたいです

Customer:

すみません、京風になってしまいました

Dr.morino :

いきなり、京都弁で、びっくりしました。たまには、甘えれば、いいのに。

Customer:

すみません、そうですね、って言いたかったのに・・・(笑)

Customer:

母は甘えられるの嫌いみたいなんです

Dr.morino :

お母さん、嫌いなの。甘えられるの。もう、卒業ってことかな?

Customer:

きっと、そうですね、私が甘えたいくらいだわ、って言ってましたから

Dr.morino :

お母さんが、甘えたい年齢になったってことですね。

Customer:

はい、それに、長女で、仕事も家庭も頑張ってきたのに、可哀そうなので、

Customer:

甘えさせてあげたいんです

Dr.morino :

お母さんは、何をしてあげると、喜ぶのかな?

Customer:

うーん、、、

Customer:

仕事を早く変わってあげる事でしょうか

Customer:

私が母の仕事を早く出来るようになる事

Customer:

あとは、母は結構自分で何でもやってしまうので、分りません

Dr.morino :

仕事ですか。家の事は?

Customer:

前に雪かきを代わりにしてあげたら、喜んでいましたが

Dr.morino :

何でもできるお母さんでも、お手伝いは、うれしいのですね。

Dr.morino :

私の母親も、そうですけど。

Dr.morino :

手伝うと、喜びます。

Dr.morino :

ねえ、楽しいこと。何か1つ、家のお手伝いになることしては?

Dr.morino :

喜ばれると、うれしいですよね。これでも、いいような気がしますけど。

Customer:

そうなんですよね  そうなんですけど、両親と実家にいると、会話が遠のいてドームの中にいるみたいな感じになるんです

Dr.morino :

そうか、それだと難しいね。

Dr.morino :

まあ、今は病気がよくなることが一番かな。

Customer:

外で2~3時間会う、外食するとか、なら母とは出来るんです

Customer:

明日もランチに行く予定です

Dr.morino :

それ、いいじゃないですか。

Customer:

でも、そこに父が加わると、2時間が限界です

Dr.morino :

お父さんは、昨日、私、わかってしまいました。病気の元かな?って。

Dr.morino :

なので、今は、お父さんには、悪いけど、ちょっと敬遠。

Dr.morino :

お母さんと、週1~2回出かけては?それが楽しいことというのは、どうですかね?

Customer:

母が忙しいので、月に1度が限界みたいです

Customer:

でも、それを続けてみようかな

Dr.morino :

うん、月1でも、やってみたら?

Customer:

そうですね!母に話をしてみます

Customer:

後は友達と月一くらいで外食するとか!

Dr.morino :

お友達も、いいね。楽しいことだよね。

Customer:

はい!そうですよね!それで、どこに行こうかなって考えたり(^^)

Dr.morino :

そうそう、外出は、月1でも、行く場所とか決めるのも、楽しいものね。

Dr.morino :

これにしたら?

Customer:

そうします(^^) そうしてみます!

Customer:

先生、ありがとうございます

Dr.morino :

いえいえ、どういたしまして。

Customer:

ところで、病気は父が原因って先生、分ったですか?

Dr.morino :

うん。お母さんとお父さんが原因って、分かった。

Customer:

すみません、今度は外人風になってしまいました

Dr.morino :

特に、お父さん。

Dr.morino :

ご両親へのイメージが、相談者様を解離させている原因と分かった。

Customer:

先生、すごいです

Customer:

私全然分りません

Dr.morino :

お母さんと外出は、イメージを変えるためには、いいかな?という思いもあって、言ってみました。

Dr.morino :

だって、相談者様のご両親って、厳しい方でしょ?

Dr.morino :

相談者様が、きちんとしておられるから、そうかな?って。

Customer:

森野先生  ぜんぜんきちんとなんて、してないですよ!

Customer:

両親は厳しいというか、父は無関心です

Dr.morino :

いや、礼儀正しいし、人への配慮ができるし、立派な方だなって、最初から思ってました。

Customer:

母も好きにしなさい、って感じです

Dr.morino :

だから、たぶん、ご両親が原因かな?って。甘えたいのに、甘えること出来なかったかな?って。

Customer:

母は甘えさせてもくれたと思いますが、自分がいっぱいいっぱいだと無理でした

Customer:

そしていっぱいいっぱいの時が多かったです

Dr.morino :

甘えたいときに甘えることができなくて、辛かったでしょうね。一人で、我慢してたんですよね。幼い時。

Customer:

たぶん、本が好きなので、本から色々学んだ気がします

Dr.morino :

本好きなのですか?

Customer:

はい、大好きです!

Dr.morino :

私、本読めないのですよね.

Dr.morino :

読書が好きな方、尊敬します。

Customer:

先生はそれでなくても、たくさんお勉強があるから仕方ないですよ(^^)

Dr.morino :

いや、飽きやすいだけかも。

Customer:

私はきっと本が500冊くらい持っていると思います

Dr.morino :

スゴイ!

Dr.morino :

やっぱり、尊敬します。

Dr.morino :

私は、本棚、カラカラです。

Customer:

そんな・・・

Customer:

尊敬している森野先生に、尊敬して頂くなんておこがましい、おこがましい

Customer:

それで、今度新しい本棚を作ってもらうんです

Dr.morino :

それで、本棚。

Dr.morino :

つまり、今の本棚がいっぱいってことですよね。

Dr.morino :

なんか、スゴイ!

Customer:

凄くないです・・・

Customer:

お金かかってしかたありません(^^ゞ

Customer:

でも、本だけはどうしても捨てられなくて、、、

Dr.morino :

本読める方に、憧れるのですよ。勝手に、憧れてしまって、すみません。

Customer:

いえいえ、嬉しいです(^^)

Dr.morino :

良かった、引かれるかと思った。

Customer:

ぶっ、ひかないですよー

Customer:

私こそ、いつも元気にしてくれる先生を尊敬しています

Dr.morino :

いや、こんなこと言うと、引かれるかな?って。

Dr.morino :

でも、引かれなくて、良かった。

Dr.morino :

お互い、尊敬の対象ですね。

Customer:

はい(^^)そうですね!

Customer:

先生にはいつも元気にして貰って感謝しています

Customer:

今日もなんだか元気が出てきました

Customer:

気持ちが上向くというか

Dr.morino :

そういって頂けると、うれしいです。

Dr.morino :

私も、相談者様とチャットするの、楽しいです。

Customer:

ほんとですか!?

Customer:

嬉しいです

Customer:

そういって頂けて、ありがとうございます

Customer:

そういえば、リフレックスを少し減らした状態が、今落ち着いていると思うのですがどうでしょうか

Customer:

解離は出てますけど・・・

Customer:

昼間はやはり寝てしまいます

Dr.morino :

解離は、たぶん、良くなってきている兆しだと思います。

Dr.morino :

昨日も、書き残しておいたけど。

Dr.morino :

心の奥底にしまいこまれていたことが表面化し始めていて、それで、相談者様の防衛機能が発動しやすくなっていて、解離しやすいのだと思います。

Dr.morino :

だから、解離は別として、リフレックス、今の量で、ちょうどいいかもね。

Customer:

そうか、解離とは別ですよね

Customer:

怖い人入ってきたりとかしてないですものね

Dr.morino :

うん、変なこと起こってないよね。

Customer:

はい、買い物もしてないですし、怖い夢も見ないです

Dr.morino :

いい感じだね。

Customer:

買い物はまた別ですか?

Dr.morino :

買い物は、解離といえば、解離に入るけど、行動しているから、これは、解離の中でも、別枠ですね。

Customer:

解離している間に行動している訳ではないのですか?

Dr.morino :

解離している間に買い物しているというより、買い物した記憶がないということですよね。

Dr.morino :

意識外で行動しているわけですよね、夢遊病みたいに。

Customer:

でも、私なら絶対に買わない本でした

Dr.morino :

この現象は、今、よく起こっている時間が飛ぶのとは、ちょっと違う。

Dr.morino :

なんて言うと、分かりやすいかな?

Customer:

ガレージっていうタイトルでした

Dr.morino :

それ、本のタイトル?意識外の衝動行為って言ってますけど、欲しくてする行動ではないのですよね。この意識外の衝動行為の時の行動って。他の人もですけど。

Dr.morino :

甘いもの食べない人が、甘いもの食べていたりね。

Customer:

はい、本のタイトルがガレージっていうんです

Customer:

意識外の衝動行動ですか?

Customer:

無意識に欲しいと思っていたわけではなく?

Dr.morino :

たいてい、意識外の衝動行為をする方って、原因は、薬だったりするのですよね。

Dr.morino :

何人も診ましたけど、全員、薬だったよ。たまたまかもしれないですけど。

Customer:

そうなんですか?

Customer:

じゃぁ、病気が原因ではなく、薬のせいかもしれないってことですか?

Customer:

今はジェイゾロフトとエビリファイとリフレックスですが、どれですか?

Dr.morino :

それで、リフレックスを減らすことを提案したわけです。

Customer:

なるほど~!

Customer:

どうりで、買い物したりしていないわけですね!

Customer:

薬の副作用ですか?

Dr.morino :

たぶん。

Dr.morino :

他の方でも、薬を調整すると、症状でなくなるから。

Customer:

先生、すごい、さすが、先生!

Dr.morino :

なんか、照れますね。

Customer:

でも、薬の量って本当に微妙な所なんですね

Customer:

だって、かけらを減らしただけですもの

Dr.morino :

そうそう、すごい微妙なの。薬って、不思議だよね。

Customer:

はい、実感しました

Dr.morino :

薬の不思議を実感してもらって、ありがとうございます。

Customer:

(^^)

Customer:

そういえば、カウンセリングの山本先生が、ガレージっていうタイトルに反応していらっしゃいました

Customer:

何か、そこに解離のヒントがあるのかな?みたいな

Dr.morino :

えっ。有名な本?

Customer:

ぜんぜん、有名じゃないです

Customer:

私がガレージという言葉に反応しているのではないかと思われたようです

Customer:

たとえば、ダイレクトにガレージではなくても、それに似た単語に反応しているとか

Dr.morino :

車を止める「ガレージ」の事?

Customer:

その本はなんだか気持ち悪くて、読んでいないのですが、山本先生はガレージとか、礼二って人かな?とかおっしゃっていられました

Customer:

でも、全然私に思い当たる節がないので、「違うかな~」と流されていましたが

Dr.morino :

人の名前ってこと?

Dr.morino :

私は、てっきり、昔、車関係で何かあったのかな?って思ったけど。

Dr.morino :

ほら、電車乗れないって言っていたから。

Dr.morino :

「ガレージ」関係ないかもね。昨日は、反応があったけど、今日は、何度も「ガレージ」って言っているけど、平気そうだものね。

Customer:

そういえば、30代のころに高速道路で車をぶつけられました

Dr.morino :

えっ。自分で運転していて?

Customer:

ひどい相手で、来てくれたおまわりさんに100%この人が悪い!とか言われました

Dr.morino :

怪我は、大丈夫だったの?

Customer:

そうです、自分で運転してて

Customer:

はい、車が頑丈で、ぜんぜん大丈夫でした

Dr.morino :

なんか、高速道路で、車ぶつけられて平気って、すごいね。

Customer:

その人、明治学院の助教授さんだったんですけど、保険会社に絶対悪くないって言ったらしく

Dr.morino :

でも、怖かったよね。きっと。

Customer:

調査員の人が訪ねてきました

Customer:

それで、その調査員の人が私が悪くないって保険会社にお話ししてくれたらしく、80対20で相手が悪いって事になりました(^^ゞ

Customer:

でも、事故が怖かったというより、その男性が怖かったです

Dr.morino :

やっぱり、男性。

Dr.morino :

このことも、関係してるね。きっと。

Dr.morino :

男性恐怖症が元かも?

Customer:

あ、本当ですね

Customer:

男性でした

Dr.morino :

ねえ。たぶん、男の人が関係した怖い思いをした経験が沢山ある。きっと。

Dr.morino :

そういった怖い経験が、積み重なって、解離障害を生みだしたかも。

Dr.morino :

相談者様にとって、男性は、きっと、タブー

Dr.morino :

今はね。

Customer:

小さいころ知らない男の人に腕をつかまれた、事とかですか?

Dr.morino :

うん。

Customer:

でも、その後の事良く覚えていないんです

Customer:

ただ、姉に気持ち悪いって言われた事とか

Dr.morino :

ほら、記憶、飛んでるでしょ。

Dr.morino :

嫌な思いをした記憶、飛んでるもの。

Customer:

そうですね

Customer:

そういわれてみたら、記憶が飛んでます

Customer:

これ、山本先生にお話しした方が良いですよね?

Dr.morino :

うん。今度、話した方がいいよ。

Customer:

はい、そうします

Customer:

事故の事も?

Dr.morino :

事故の事も。車が関係しているでしょ。ほら、ガレージからイメージするものは、車だから。

Customer:

そっか、そうですよね

Dr.morino :

なんか、絡まっていた糸がほぐれていっているような感じがする。

Dr.morino :

病気の原因が分かって、治りそうな予感。

Customer:

本当ですか?!

Customer:

なんか嬉しいお言葉です

Dr.morino :

絶対、今度、山本先生に、話して。きっと、山本先生に、治療の方向が見えるような気がするから。

Dr.morino :

そろそろ、終わろうか?食事の用意しないと。一人暮らしなもので。

Customer:

すみません

Customer:

私もそろそろ猫の相手しないと、まとわりついてきてます(^^ゞ

Dr.morino :

猫ちゃん、エサ

Customer:

今日も長々とありがとうございました

Dr.morino :

いえいえ、どういたしまして。

Customer:

なんか嬉しいお言葉です

Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験: 総合診療医
Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問