JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今年、7月30日、主人が大腸ガンの手術を受けました。手術は朝9時から夕方5時ごろには終わったようなのですが、麻酔から

解決済みの質問:

今年、7月30日、主人が大腸ガンの手術を受けました。手術は朝9時から夕方5時ごろには終わったようなのですが、麻酔から醒めるまでの間に不整脈が出て、脈が安定するのに2時間ほどかかり手術室からは夜7時ころにようやく出てきました。しかしまだ脈が不安定とのことで、その夜は集中治療室に入りました。翌日個室に移され、2週間後には退院となりました。でも手術後から、右手に麻痺が出て現在でも右手に力が入らず、医師に相談しても、「時間をかけて治すしかないでしょう。」と言われ具体的な治療法はないような感じです。リハビリ的なことを個人でするしかないのでしょうか?あとで主人が医師に聞かされたのですが、術中は両手をそれぞれしばって、万歳の状態で固定されていたそうです。それは、この右手の麻痺に何か関係がありますでしょうか?この麻痺を回復する、良い手当てが何かありますか?・・・・・右手はあまり動かせていないので、筋肉がなくなりました。・・・ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

「この麻痺を回復する、良い手当てが何かありますか?」とのことですが、診断あっての手当(治療)ですので、実際にご主人を診察・検査できず、それ故に診断も行えないインターネット相談では可能性・推論をお示しできるに留まることをご留意下さい。

少し補足情報を下さい。

①右手の麻痺について、手・腕のどの部分がどのように動かないのかを具体的に教えて下さい。例えば、この指は動くがこの指は動かない、手首が垂れたままになっている、力こぶが作れない、等々です。

②術後に脳のMRI検査は行いましたか?

③「再発防止のお薬」とは抗がん剤のことですか? 薬剤名がおわかりであれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様

お忙しいところ、お手数をお掛け致します。

補足情報ですが、

① : 右手の状況ですが、5指動きますがそれぞれの指が本人が

思っているような力が入らないので、ネジを回したり、それまで持てていた

物も持ち上げることができません。お箸は持てるようになりましたが

細かい物をはさむことはできません。ちからこぶはつくれません。

また、下記の薬を飲むと、腕全体が内側から痛むとのことです。

② : 術後に脳のMRI検査はしておりません。

画像診断は腹部と胸部だけです。

③ : 薬は

ユーエフティ配合カプセルT 100㎎(テガフール相当量)

ユーゼル錠25㎎

アローゼン顆粒

ガスモチン錠5㎎

ビオフェルミン錠剤

マグラックス錠250㎎

と明細にあります。

以上になります。よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際にご主人を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、ご主人は、手術時の「両手をそれぞれしばって、万歳の状態で固定されていた」という姿勢を長時間とっていたために末梢神経障害を起こしている可能性が高いと考えます。
http://merckmanuals.jp/home/末梢神経障害.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

おそらくは、筋皮神経麻痺と橈骨神経麻痺を起こされているのではないかと推察します(手術時の上肢の固定によって起こりやすい末梢神経麻痺です)。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/14kinpisinkeimahi.html
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/11toukotusinkeimahi.htm

末梢神経は障害されても再生しますので、ご主人の場合も右腕・右手の動きは元に戻ります。
しかしそれには3~6ヶ月かかります。
外科の先生ですのでそのような物言い担ったのだと思いますが、「時間をかけて治すしかないでしょう」というのは、間違った説明ではありません。

ただ、神経の再生を促すビタミンB12製剤の投与やリハビリテーションによって回復を早められることがございますので、神経内科を受診されてみてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生

ありがとうございました。

返信が遅くなりすみませんでした。

では、主人にビタミン12製剤と神経内科の受診を勧めてみます。

末梢神経の障害が治ると聞いてホッとしております。

気ながに良くなっていくことを待ちます。

医療 についての関連する質問