JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4080
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

転換性障害と 交通事故との因果関係について、 交通外傷治療後(初期より)転換性障害が発生しています、既に2年6ヶ

解決済みの質問:

転換性障害と 交通事故との因果関係について、
交通外傷治療後(初期より)転換性障害が発生しています、既に2年6ヶ付き経過して、その間色々の病院にて治療を受けていますが効果ありません。
この様な病状についての専門医療機関もしくは専門医師をご教示頂けないでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
年齢、身長、体重を教えてください。体重に変化がありますか。
その交通事故について具体的に教えてください。その外傷と治療について教えてください。現在どのような症状がありますか。何かその症状を悪化させること、軽減することがありますか。いつもありますか。段々とあっかしてきていますか。どのような検査をしましたか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を使用、服用していますか。薬の名前を教えてください。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答遅れてすみません、只当方には着信歴がなく、この連絡のみで有り何かの行き違い害があったと思います。

回答

1) 身長 162㎝ ・ 体重 70kg ・ 年齢  77歳

2) 体重の変化はありません。

3) 自転車で横断中普通乗用自動車に約3mはね飛ばされ、股関節挫傷、頸椎捻挫、腰部打撲との診察で対症療法を行い平成24年10月症状固定としました。症状固定時にも上肢に痙攣が残り、下肢右足は立脚不能で有り、歩行でも松葉杖使用状態です。X-P・MRI・CT検査等です。病気以降のことは全て該当無しです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
転換性障害ということはその事故からの肉体的障害からはあなたの現在の症状が説明できないということですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

事故直後まで、自転車で移動し健康でした、事故リハを重ねれば改善すると言われ、症状固定となりましたが、症状は改善せず、病院を変えて、色々治療をしています。

現在帝京大の溝の口病院に通院して精神内科と、整形に治療を受けています、精神内科の医師は既に症状固定ではないかと言われていますが、事故との因果関係については、頭をかしげるだけで、回答が得られません。

私としては、事故との因果関係があるのか?私病によるか、事故によって発生したものかで対応が異なります。

事故によって発生した症状で有れば、先生のおっしゃるとおり現在の症状が何が原因であるかふめいです。

私病の原因となる因子(精神疾患)は、親、兄弟、生活環境でも有りません、事故後突然発生した症状で有り、身体外傷により転換性障害が発生するものでしょうか?もし発生するとのことで有れば、病状の改善には何をするかを教えてください。

交通事故等による失明等もよく言われるが外傷がないと事故との因果関係を認めないことが多いようですが、この症状も同じ症例に入るのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
転換性障害の病因ははっきりしていませんが交通事故が契機に起こった可能性はあるかもしれません。しかし、それからのストレスによって必ずしも転換性障害が起こるとはかぎりません。
転換性障害に関してどのような治療を受けていますか。
どこにお住まいですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

治療についてはデパス0.5g、酸化マグネシウム1g、ミルタックスパップ30mg等の投薬と血液化学検査(AST/ALT/LD/γーGT)等検査その他はマッサージ等の対症療法で有り、検査はCT・MRI・X-P等で何れも異常なし。

現在帝京大学の付属溝の口病院で精神内科ではエビリファイ錠100mg*3/ dey・精神安定剤0.5mg/deyで整形外科よりセレコックス/dey、レバミピド100mg*2の投薬により転換障害治療としています。

居所は神奈川県川崎市です。

帝京大学付属溝の口病院も川崎市にありますが、当所より同病院では治療をしていませんでした、セカンドオピニオンとして行き、転換性障害と診断され現在治療を継続して4ヶ月目となります.診察は2週間に1回です。

投薬は毎日の継続で受けています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
転換性障害とはどのようなものか主治医から説明は受けていますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

説明についてはPTSD、ヒステリック等の精神的いらつきが身体の神経を冒し四肢の不全、痙攣を発症していると説明され、前回回答しました薬を処方されています。

この病状は投薬により改善するでしょうか?神経内科の医師は症状固定という言葉を使用しています。この言葉は、この症状は継続し治癒が得られないとの意味ではないでしょうか?

PTSDは事故の時の印象がトラウマになって精神的安定が見られないので痙攣、起立不全を招くのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
治療の方法をしては認知行動療法と理学療法の併用、催眠療法とシタロプラム、パロキセチン、またはベンラファキシンのような抗うつ薬が効果があるかもしれません。反復経頭蓋磁気刺激が早期のデータですが効果があるかもしれないと報告されています。
虎の門病院分院の精神科はどうかと思います。
https://www.toranomon.gr.jp/kajigaya/departments/internal/psychiatry/structure.html
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問