JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

46歳女性です。1年ほど前から両手から皮がむけ、改善してきたかなと思うと、またひどくなるという日々を3クールすごして

解決済みの質問:

46歳女性です。1年ほど前から両手から皮がむけ、改善してきたかなと思うと、またひどくなるという日々を3クールすごしています。近医はかなり高齢な先生ですが、接触性皮膚炎だとの診断です。そして、週に1回ステロイド製剤の軟膏をもらって、家では軟膏を塗って綿の手袋している毎日です。不思議なことに両指指と、親指サイドの手のひらは、なにもならなく、その他の部位はひどい皮むけです。接触性皮膚炎は、家族の協力もあり、違うと思います。内臓などが悪くての副作用とかでしょうか
?現在不眠はベゲタミンの処方をうけてます
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。 ***@******.***。
痒み、痛みなどの症状がありますか。何か部分を悪化させること、軽減することがありますか。皮膚の他に何か症状がありますか。何かきっかけのようなことにきずいていますか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を他に使用、服用していますか。
家系に似たような症状の方、他の病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

156cm 7ocm体重の変化はちょっとずつ増えています。

痒みも痛みもありません。ちなみに、近医で3回顕微鏡検査して

もらいましたが、白癬菌などはいないそうです。

特別何をしたから、悪化するとか軽減するとかはありません

皮膚の他には特別ありません。

思い当たるきっかけは全くありません。

不眠症で近医でベゲタミンを処方してもらってます。

特に病気はありません。

5年位前にラパコレで胆石、胆のうの切除をしました。

偏頭痛があるので、バファリンをたまに服用しています。

それと先述したベゲタミンです。

いずれも、この手の症状より随分前から服用しているものです。

家系にはこのような症状の人はきいたことありません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
その写真を撮って上記のメールに送って私に転送してもらってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

結局、今の時点では何の病気が考えられるのですか?それが一番知りたい事です。

質問者: 返答済み 2 年 前.

質問事項は、メールしました。

質問者: 返答済み 2 年 前.

写真は既に送ってあります。

が、手の異常に、なぜ写真がいるのですか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
写真はまだ受け取っていません。係りのものに問い合わせてみます。写真を見ることでどのような病気か予測できます。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
係の者に問い合わせたところ顔の写真であるといっています。手の写真を送ってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

質問者: 返答済み 2 年 前.

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
写真がはっきりしませんが掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)かもしれません。膿を持った小さな水ぶくれが出来て まわりが赤くなる病気です。一般にかゆみはひどくありません。
皮膚以外の細菌の巣(扁桃腺炎、副鼻腔炎、虫歯など)が原因の場合があります。
この細菌の巣(病巣感染)に対する治療で発疹もよくなってくることがあります。
金属に対するアレルギー反応がこの病気の原因である場合もあります。
とくに、義歯に使われている金属が関係している場合があります。
タバコが原因の1つであることもあり、禁煙してこの病気が治る方も多いです。
軽い場合には1日1~2回の塗り薬(ステロイド軟膏やビタミンD軟膏など)だけでよくなります。無理にカサブタや皮膚をめくらない。入浴後にも軟膏を塗るのが効果的です。
ただ塗っただけでは十分な効果が得られないことがあります。なぜなら足の裏や手のひらは皮膚が厚いので塗った薬の吸収が悪いからです。そこで軟膏を塗った上に、別の軟膏(亜鉛華単軟膏)をガーゼにのばして湿布をするようにおおいます(重層療法)。
こうすると薬の吸収がよくなります。手袋や包帯で皮膚を保護してあげて下さい。
(治療中に水虫が付く場合もあるので、変だなと思ったら医師に相談して下さい。)
・扁桃腺炎がある場合は、抗生物質を飲んだり、扁桃腺摘除術なども有効です。
・風邪に注意して、うがいを毎日数回しましょう。自分の喉を大事にしましょう。
・虫歯、歯槽膿漏などのある場合は歯医者さんで治療しましょう。
・金属アレルギー(パッチテストで検査できます)が強い場合は義歯の交換が有効です。
・タバコは控えましょう。禁煙治療をしてる内科を受診するのもよいでしょう。
・睡眠不足、ストレス、疲労も大敵です。疲れていたらできるだけ心身を休めて下さい。
その他の治療法として漢方療法、紫外線療法(PUVA)などあります。
また、関節痛のある方は整形外科を受診する必要があります。
根気よく治療していくことが大切です。
公立の病院の皮膚科を受診してください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問