JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

10歳の女の子です。7月半ばから突然四肢のしびれを訴えました。その1週間前に発熱があったことから、ギランバレーの疑い

質問者の質問

10歳の女の子です。7月半ばから突然四肢のしびれを訴えました。その1週間前に発熱があったことから、ギランバレーの疑いとされましたが、ピークは4週間のはずが今なお続いています。時々息苦しさもあるようす。先日入院して検査をしましたがギランバレーではなくメンタルからくるものではないかといわれました。家庭でも、学校でま心当たりはありません。頑張って学校の授業には出ていますが、日々衰弱しているようにも見えます。本人も学校に行くのが身体的につらいといいます。37.0℃代前半の微熱も出ます。
脳のMRIも神経伝達速度も血液検査も腱反射も異常ないです。食慾もあります。運動ができません。悪食がありません。四肢を挙上することができません。握力がないです。何の病気ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。よって、「何の病気ですか?」というご質問に直接的にお答えすることは困難です。

ご記載を拝読する限り、神経学的には十分な検査が行われており、異常が検出されていませんので、「メンタルからくるもの」である可能性は高いのではないかと私も思います。

ご相談の趣旨は、それは納得できないので考えられる身体疾患はないか? ということでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

そうです。学校に行きたくないわけでもない、友達関係に悩んでいるわけでもない、ある日突然四肢の痺れが来たのです。先生も家族も精神的なそこまでの症状が出るほどの心当たりが全くありません。「ビリビリする、マッサージして。」って言います。

こういう症状が精神的なことで出ることはよくあるケースなのですか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載のような症状は、「身体表現性障害」という疾患カテゴリーに含まれる「転換性障害」に合致する部分が多いように思われます。
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/clinical/clinical_21/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

現時点で考えられる受療行動としては、

1. 転換性障害を起こすようなストレスや葛藤に心当たりが無いので、あくまで神経疾患である可能性を追求して原因がはんめいするまで神経内科の専門医を何軒でも受診する。

【日本小児神経学会認定 小児神経科専門医】
http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html

2. 秘められたストレスや葛藤が存在する可能性を考えて児童精神医学の専門医を受診する。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

のいずれかになろうかと存じます。
一般的には、小児神経の専門医をもう一軒受診され、そこでも身体的異常が見出されず、精神科受診を示唆された場合は精神科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載のような症状は、「身体表現性障害」という疾患カテゴリーに含まれる「転換性障害」に合致する部分が多いように思われます。
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/clinical/clinical_21/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

現時点で考えられる受療行動としては、

1. 転換性障害を起こすようなストレスや葛藤に心当たりが無いので、あくまで神経疾患である可能性を追求して原因がはんめいするまで神経内科の専門医を何軒でも受診する。

【日本小児神経学会認定 小児神経科専門医】
http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html

2. 秘められたストレスや葛藤が存在する可能性を考えて児童精神医学の専門医を受診する。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

のいずれかになろうかと存じます。
一般的には、小児神経の専門医をもう一軒受診され、そこでも身体的異常が見出されず、精神科受診を示唆された場合は精神科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載のような症状は、「身体表現性障害」という疾患カテゴリーに含まれる「転換性障害」に合致する部分が多いように思われます。
http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/clinical/clinical_21/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

現時点で考えられる受療行動としては、

1. 転換性障害を起こすようなストレスや葛藤に心当たりが無いので、あくまで神経疾患である可能性を追求して原因がはんめいするまで神経内科の専門医を何軒でも受診する。

【日本小児神経学会認定 小児神経科専門医】
http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/senmon_simeilist/map_simei.html

2. 秘められたストレスや葛藤が存在する可能性を考えて児童精神医学の専門医を受診する。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】
http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

のいずれかになろうかと存じます。
一般的には、小児神経の専門医をもう一軒受診され、そこでも身体的異常が見出されず、精神科受診を示唆された場合は精神科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問