JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

小学6年の女児、摂食障害と診断され4月より入院しております、が一向に改善されません(現在鼻よりチューブで栄養を入れて

解決済みの質問:

小学6年の女児、摂食障害と診断され4月より入院しております、が一向に改善されません(現在鼻よりチューブで栄養を入れております)何か良い治療方法は有りませんか。ご助言ご指導をお願いいたします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
そのお母さんまたはお父さんにユーザーネームとパスワードを教えて私とここで話をすることができますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

私たちは祖父母(夫婦)ですあまり突っ込むと患者の両親は嫌います、ですのでこの質問の件も内緒です、患者(孫)に入院以来会うことも出来ません。

病院に行ったのですが主治医は話だけで合わせてくれませんでした。

女親は隔日(父親休日)面会に行っております。

このままではとてもつらいです。患者の病状を少し追加しますと、体重23キロ身長130位ですか、摂食障害に加え発達障害もあるのではと思います。

何故発病したのか・・・

以上の様な状況ですがこの病気精神的な面もあると思いますが良くなるのですか心配です過去の患者病例等含め先生のお話、是非是非お聞かせください。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
神経性無食欲症のように思います。拒食症の正確な原因は不明ですが、それはおそらく生物学的要因(遺伝)、心理的要因(強迫性人格特性)、環境要因(友達、メディアなど)との組み合わせと考えられています。
その重症度によりますが軽症の場合は回復に時間はかかりませんが入院するような重症の場合はその治療は大きな挑戦です。その理由は治療を受けたくない、治療を必要としないと思ってたり、または極度のやせにも関わらず体重増加を心配していることです。また、それを病気とは考えず、それはライフスタイルだと考えている患者もいます。また、たとえよくなりたいと思っていても、無食欲症を克服することは容易ではありません。神経性無食欲症はしばしば持続的で一生格闘することが必要になることもあります。たとえ、その症状がなくなってもストレスなどをきっかけに再発する可能性はあります。治療により50%の方は完全に回復し、20%の方はさらにやせ、 25%の方はそのままやせたままです。残りの10%の方は逆に肥満になるか、餓死します。
一般に大人になる前の患者はその予後がいいですが11歳前のようにとても若い場合はその予後は悪くなります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問