JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

左の肩甲骨の内側と上辺りがチクチク針で刺されたような痛みがあり、だんだん脇た二の腕の内側に広がっていきました。 痛

解決済みの質問:

左の肩甲骨の内側と上辺りがチクチク針で刺されたような痛みがあり、だんだん脇た二の腕の内側に広がっていきました。
痛くて夜もねるれないので、皮膚科を受信したところ、帯状疱疹が疑われるが、発疹がないので疑いだけでは
薬は出せないとのことで、痛み止めを飲んで、対処するようにと言われました。赤くない発疹がほんの少しでましたが、それ以上増えることもなく一週間が過ぎようとしています。痛みはまだあり、時々猛烈に痒くなり肌を痛めるほど掻いてしまいます。また、はだの表面がしびれたような感じがずっとしています。このような帯状疱疹はないのでしょうか?
痛みも痒みも
左のみです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

相談者様の「左の肩甲骨の内側と上辺り」の痛みは、帯状疱疹によるものである可能性が高いと考えます。

帯状疱疹は、「子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、神経の付け根に残っていて、体調が悪いと活性化され、1本の神経支配領域に添って」痛みと皮疹が現れてくる疾患です(http://www.e-skin.net/dd_hp.htm より引用)。

痛みが現れる部位がデルマトーム(http://arbor.life.coocan.jp/10derumatomu.html)と呼ばれる脊髄神経の特定の数本の支配領域に限定されるのが特徴です。
また、しばしば誤解を受けますが、「帯状疱疹」という病名に反して、皮疹よりも先に痛みが現れる場合が少なくありません。このため、前記リンク先にも示されているように、当初は皮膚科以外の診療科を受診される患者様が少なくありません。

かといって皮疹が現れるまで様子を見ていては帯状疱疹後神経痛という後遺症を残るリスクが高くなってしまいますから、早期に診断を下し、抗ウイルス薬による治療を開始することが重要です。
http://rockymuku.sakura.ne.jp/hifuka/taizyouhousinnnosinndann.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様が受診された皮膚科医の「帯状疱疹が疑われるが、発疹がないので疑いだけでは薬は出せないとのことで、痛み止めを飲んで、対処するように」という見解は全くのナンセンスで、「無疹性帯状疱疹」という、「疱疹の出ない帯状疱疹」すら存在するのです。
http://makipain.web.fc2.com/sub13.html

身体の片側だけに現れる、デルマトームに沿った痛みというだけで帯状疱疹を疑うに十分ですので、明日にでも別の皮膚科を受診されることをお勧めいたします。
皮疹が出ていない段階の診断にはPCR法という血液検査が必要になる場合がございますので、総合病院などに入っている、規模が大きな医療機関の皮膚科が望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。

相談者様の「左の肩甲骨の内側と上辺り」の痛みは、帯状疱疹によるものである可能性が高いと考えます。

帯状疱疹は、「子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が、神経の付け根に残っていて、体調が悪いと活性化され、1本の神経支配領域に添って」痛みと皮疹が現れてくる疾患です(http://www.e-skin.net/dd_hp.htm より引用)。

痛みが現れる部位がデルマトーム(http://arbor.life.coocan.jp/10derumatomu.html)と呼ばれる脊髄神経の特定の数本の支配領域に限定されるのが特徴です。
また、しばしば誤解を受けますが、「帯状疱疹」という病名に反して、皮疹よりも先に痛みが現れる場合が少なくありません。このため、前記リンク先にも示されているように、当初は皮膚科以外の診療科を受診される患者様が少なくありません。

かといって皮疹が現れるまで様子を見ていては帯状疱疹後神経痛という後遺症を残るリスクが高くなってしまいますから、早期に診断を下し、抗ウイルス薬による治療を開始することが重要です。
http://rockymuku.sakura.ne.jp/hifuka/taizyouhousinnnosinndann.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

相談者様が受診された皮膚科医の「帯状疱疹が疑われるが、発疹がないので疑いだけでは薬は出せないとのことで、痛み止めを飲んで、対処するように」という見解は全くのナンセンスで、「無疹性帯状疱疹」という、「疱疹の出ない帯状疱疹」すら存在するのです。
http://makipain.web.fc2.com/sub13.html

身体の片側だけに現れる、デルマトームに沿った痛みというだけで帯状疱疹を疑うに十分ですので、明日にでも別の皮膚科を受診されることをお勧めいたします。
皮疹が出ていない段階の診断にはPCR法という血液検査が必要になる場合がございますので、総合病院などに入っている、規模が大きな医療機関の皮膚科が望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問