JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

本日膀胱炎の診断を受けてCiprofloxsasinを(250mg/ 一日二回)5日分処方されました。アメリカ在住で

解決済みの質問:

本日膀胱炎の診断を受けてCiprofloxsasinを(250mg/ 一日二回)5日分処方されました。アメリカ在住で56歳の主婦です。下着に出血跡があり、下腹部の不快感で受診しました。高熱はありませんが、頭が重く鈍痛があり体全体が火照ります。三週間程前に、歯周炎をおこして、アモクシリンを一週間を処方通り飲みきっております。その後一週間後に膀胱炎になった訳です。そして一ヶ月ほど前には、口角炎を患い歯科医の処方でナイスタシンをのんで、完治していました。ここ数カ月で抗生物質を何度も飲むことに不安がありますが、指示通りにしたがっております。何か深刻な病気が隠れて居るのか、とても不安です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございます。
まず、尿検査の結果です。Not Applicable 以外の結果の抜粋です。
結果 通常
・bacteria, urine, microscopic. Rare Negative completed
・erythrocytes, urine, microscopic 2-5 0-2 completed
・BLOOD, URINE1 1+ Negative completed
? 膀胱炎以外で考えられる病気はありますか。両脇腹に鈍痛があります。
?炎症が、口角炎、歯周炎(ブリッジの土台の歯茎)、そして今回の膀胱炎と連鎖しているのでしょうか。
?専門医に受診を希望する場合、何科が該当しますか。
?私の場合処方のシプロの量は適切ですか。他の方の投稿では、私の倍量を勧められていたのを見ました。
以上、よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 膀胱炎以外で考えられる病気はありますか。両脇腹に鈍痛があります。
膀胱炎も含めた尿路感染症全てが考えられる検査所見です。両脇腹に鈍痛があるということですので、尿管や腎盂の感染症が否定できないと考えます。
http://www2.ocn.ne.jp/~toyamate/text_list/nyouro.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

> 炎症が、口角炎、歯周炎(ブリッジの土台の歯茎)、そして今回の膀胱炎と連鎖しているのでしょうか。
難しい質問です。
個々の感染症はそれぞれ独立したものでしょう。例えば、口角炎を起こした細菌が血流に乗って尿管にたどり着き、感染症を起こした、ということはないと思います。
ただ、最初のご質問文を拝読するに、全般的に、免疫力が低下していて、同時多発的に複数の感染症が起きている印象は確かにあります。

> 専門医に受診を希望する場合、何科が該当しますか。
膀胱炎(もしくは尿路感染症)に関しては泌尿器科が当該専門科ということになるでしょう。
易感染性に焦点を当てて受診するのであれば免疫内科が好適です。

> 私の場合処方のシプロの量は適切ですか。他の方の投稿では、私の倍量を勧められていたのを見ました。
相談者様が服用されているシプロフロキサシンの1日量 500mg/dayは必要十分量であると考えます。日米の承認用量の違いがあるのかもしれませんが、日本におけるこのお薬の臨床用量は200~600/dayです。倍量=1000mgは、少なくとも日本では用いられません。
http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen62/sen6241008.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問