JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

r

質問者の質問

r
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
質問は何でしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
何故か全てが消えていたようです
半年前に抗鬱薬をやめました
酷い離脱症状で大変な思いをしてやめたので、再開するのは嫌です
しかし、今自分の精神状態が普通ではないというのを薄々感じています
と言うのは、自分で決めている食生活から少しでも外れると酷い後悔と自己嫌悪に陥り、自分に罰を与える事を考えてしまいます
動物性油脂を摂取することが酷く悪い事に思い、その後数日はデトックスの為に絶食し、午前と午後に10Kのラニングを義務としています。途中でくじけると、そこから10Kをスタートさせて自分に罰を与えます
鬱状態ではないと思うのですが、人から普通ではないと指摘されてここに相談します
アドバイス下さい
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
男性ですか、女性ですか。年齢、身長、体重を教えてください。体重に変化がありますか。
抗鬱薬を使用していたのはうつ病のためですか。
他に病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
女性 48歳 169cm 48kg 周期的に54kg〜46kgのレンジで体重変化があります
抗鬱薬は 当初は転換障害( 失声 ) 、うつ病、OCD、C-PTSD という診断のもとに服用していました
3年前に堪能切除手術
父が大腸がんから転移した肝臓ガンで治療中
薬は今何も服用していません
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
次の症状がある、または周りに人から次の症状があると言われていますか。
1 活動の主要な点が失われる程度まで詳細、ルール、リスト、順序、組織、またはスケジュールに気を取られている。
2。仕事の終了を妨害する完全主義を示します(たとえば、自身の過度に厳しい基準を満たしていないため、プロジェクトを完了することができない)。
3 余暇活動や友人関係を犠牲にしてまで仕事や生産性に過度に専念する(しかし明白な経済的必要性によって説明できない)。
4 道徳、倫理、または価値について過剰に良心的、几帳面で、柔軟性がない(文化的または宗教的な識別によって説明できない)。
5 感傷的な価値を持たない場合でも壊れたもの、または価値のないものを捨てることができない。
6 他の人が物事をする方法を正確に提示しない限り、他の人に仕事を委託したり、他の人と作業する消極的である。
7 自己と他人の両者に対してお金の消費に対して倹約である。お金は将来の災害のために蓄えておく物と見なしている。
8 不屈と頑固さを示す。
質問者: 返答済み 3 年 前.
該当するのは、#1、2、3、4、6、8で、特に仕事上の近親者に#1、2、6を指摘されますデイケアで病気のことを学習したので、完璧を求めるのは良くない、それがうつ病患者の認知の歪みだということを充分承知しているのですが、抗鬱薬を停止している今はちょっとでも自分の思った方法から外れようものなら、それを責める自分がでて来て罰をクリアーしないと人間としての価値はないと罵られてます分かっているのですが、自分でコントロール出来ませんまた、少しでも自分が決めた分量より多く摂取した時には身体がバルーンのように膨らんだ感覚になります。その時には10Kを走る事で自分を痛めつける事で全てをチャラに出来るという思い込みがあります。どうしたらこの悪循環をストップ出来るのでしょう抗鬱薬服用中はこんなに極端になりすぎる事はありませんでした。再開するべきなのでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
強迫性人格障害のように思います。認知行動療法と洞察を改善するテクニック(例えば、精神力動的療法)のような心理療法が効果があります。それにより剛性の期待を軽減し、密接な関係やレクレーションを大切にする方法を学び、仕事や生産性をより強調せずに楽しむことを学びます。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤はその補助として使われます。それは些細な詳細によってとらわれないようにし、些細な詳細が剛性になることを軽減します。
リラックスする方法を学ぶことは強迫性人格障害よる切迫感やストレスを軽減します。
公立病院の心療内科、精神科を受診してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ただ単に抗鬱薬服用を再開するのは良くありませんか?
自己判断で断薬したので、抗鬱薬は未だに手元にあります。
約2年間、薬物療法/精神療法をしました。その結果、抗鬱薬である程度感情をコントロールすることは可能なのだと実感しましたが、どんどん服用量を増していかないと離脱症状で普通に生活がおくれなくなる事も分かりました。どんな精神療法も理論的には理解出来、自分の症状が病気によるもの、自分の認知の歪みが何であるのかも納得していますが、それが実際の生活空間では自分をコントロールすることは出来ない事の方が多いのが現状です。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
その薬の名前は何ですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ベンラファキシン&ミルタザピン
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ベンラファキシン&ミルタザピンはともに選択的セロトニン再取り込み阻害剤ではありません。ベンラファキシンは特に依存性が高く、離脱症状が現れます。択的セロトニン再取り込み阻害剤であるプロザックを詳報してもらってはどうかと思います。依存性はありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.
SNRI になる前に2種類のSSRIを試したのですが、出血傾向の副作用が酷く貧血を持ち合わせているのでSSRIは諦めた経緯があるのですが....
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
シタロプラムまたはエスシタロプラムはどうかと思います。出血の副作用は少ないです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
一番最初にシタロプラムで酷い出血傾向でフルオキシテインに変更したのですが、あまり変化はなく、SNRIに変更になりました
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
出血傾向とはどのようなことが起こったのですか。ベンラファキシン&ミルタザピンの量はどのように増えましたか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ちょっと手をぶつけただけでアザが出来たり、月経過多です。
その際、婦人科にも受診しましたがSSRIの副作用と診断されました
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ベンラファキシン&ミルタザピンの量はどのように増えましたか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
確かベンラファキシンは75mgから初めて徐々に増やして行き、225mg迄増量したと思います
ミルタザピンに関しては当初から40mgだったような....
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
理論として頭で理解していることと実際とは違います。強迫性人格障害の心理療法を今まで受けていないことからその治療を受けてはどうかと思います。
また、必要ならベンラファキシン&ミルタザピンに加えてトラニルシプロミンを加えることができます。
どこにお住まいですか。強迫性人格障害の心理療法のできる病院を探してみます。
質問者: 返答済み 3 年 前.
英国ロンドン 北部です
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
次の病院はどうかと思います。
Priory hospital North London
http://www.priorygroup.com/mental-health/personality-disorder
Nitingale hospital
http://www.nightingalehospital.co.uk/condition/personality-disorders/
Dr Lucy Serpell
https://iris.ucl.ac.uk/iris/browse/profile?upi=LESER61
質問者: 返答済み 3 年 前.
調べて下さってありがとうございます
Prioryは私の主治医がいる病院です
ここで約2年間グループセラピーと個人のカウンセリングを受けていました
グループセラピーで病気の事、認知の歪み、その他色々な事を学び理論は大変理解出来たのですが、現実的にその理論が自分の本能と直結しないのです
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
主治医に話をしてより現実的な状況を作り治療をしてもらってはどうかと思います。グループより個人で治療を行なってもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問