JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

家族が骨髄異形性症候群から急性骨髄白血病に移行した者がいます。 余命が余りないことを先日、担当医から言われました。

解決済みの質問:

家族が骨髄異形性症候群から急性骨髄白血病に移行した者がいます。
余命が余りないことを先日、担当医から言われました。
でもなるべく少しでも長く生きて欲しいです。
現状は、先週までは食欲がほとんどないけど、ゼリーや飲み物は飲める。点滴や血小板点滴は毎日。輸血は2日に一度。血液検査結果が今手元にないんですが、好中球は70個〜100個。ブラストは39〜48。体が痛いらしく、痛み止めや医療用麻薬シールを3日に一度、張替え。床擦れが悪化。
今週、痛みが激しくとうとう床擦れ軟膏を拒否。翌朝、7時に「納屋に閉じ込められた。」とあり得ない電話が本人から入りました。看護師に原因を聞いても「わからない。」と言われました。担当医はのらりくらりしてて、はっきり教えてくれないタイプでーまだ聞いてないです。でも担当医に聞く前に考えられ原因を教えてもらえませんか?
それと、今朝、心臓の脈が上昇。今は落ち着いてる状態。でもお薬は全てストップ。本人は話しかけると「うるさい。」と言うけど、軟膏はぬれるし、着替えも看護師さんにしてもらえてる。でも点滴や注射だけではまかなえないとのこと。もう一度、お薬が飲めるにはならないんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

急性骨髄白血病では、がん化した白血病細胞が脳に浸潤することによって、麻痺、けいれん、幻覚、妄想といった精神症状を生じることがあります。
「『納屋に閉じ込められた』とあり得ない電話」は、脳浸潤による精神症状によるものかもしれません。
末期で、かつ麻薬性鎮痛剤を用いておられますから、せん妄を起こされている可能性もあります。
http://homecare-sapporo.com/seminar/せん妄

> もう一度、お薬が飲めるにはならないんでしょうか?

これは、実際に患者様を診察・検査できないインターネット相談ではお答えすることは困難です。ご容赦下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問