JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

長年の間、左半身を中心に肘、踵など各関節の腱接合部に強い痛みがあるほか、座骨神経痛もあり、かかりつけの整形外科で、全

質問者の質問

長年の間、左半身を中心に肘、踵など各関節の腱接合部に強い痛みがあるほか、座骨神経痛もあり、かかりつけの整形外科で、全身の腱の付着部炎と診断されました。それ以来、不定期ながら肘とか、踵にケナコルト注射を打ってもらっていました。
ただ、ケナコルト注射はステロイドで、長期に打つと腱自体が脆くなってしまうとの話を聞き、我慢できない余程の痛みの時以外は、打たなくしました。しかし、ここ3ヶ月程前から、またアキレス腱と踵の接合部に酷い痛みが現れ、一向に痛みが引かず、日増しに痛みが強くなってきたので、まともに歩くこともできないので別の医者へ行ってみました。
そこで、ケナコルトの即効性は、分かりますが、あまり打ちたくないと伝えましたところ、「では、ケナコルトのような持続性はないですが、デカドロン注射を打ちましょう」と言われ、注射を打ってきました。
実際、ケナコルト注射とデカドロン注射がどのように違いがあるのかわかりません。
どなたか、詳しく教えていただけないでしょうか。
また、私のような、全身の腱に付着部炎をおこしている状態は、どのような治療をすれば治すことができるのでしょうか。この病の権威の医師がいるのであれば紹介していただけませんでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
デカドロンもステロイドでケナコルトより抗炎症作用が強く、長時間働きます。
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
正確にどこが痛いですか。0を痛みがない、10を最も強い痛みとすると0から10でどれにあたりますか。どのような痛みですか。その症状を悪化させること、軽減することがありますか。その痛みはどこかに広がりますか。それはいつ始まりましたか。いつもありますか。段々と悪化してきていますか。今までどのような検査をしましたか。今までどのような治療をうけましたか。その関節の他に何か症状がありますか。何かきっかけのようなことに気づいていますか。
他に病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて他に何か薬を使用、服用していますか。
家系に似たような症状の方、他の病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ケナコルトを最後に踵に注射したのは、1年位前だと思います。デカドロンは昨日、初めてペインクリニックで打ちました。(ケナコルトは腱自体を脆くするので、ケナコルトは打ちたくないっと話しました)


 


・身長は170cm、体重は75kgでかなり筋肉質のガッチリ系の体です。


特に体重の変化大きくありません。+-3~4kgです。


 


・昔から、運動が好きで、フルコンタクト空手、中国拳法、ゴルフ、自転車、ウエイトトレーニング、ウオーキングなどをしてきましたが、ここ数年は、複数箇所の腱接合部付着部炎で、満足な運動ができず遠ざかっております。


また、普通の人と比較して、各靱帯自体がjかなり堅いです。


 


・痛みの出ている箇所は、複数に及んでおります。


1.左踵のアキレス腱付着部(痛み指数9)


2.左肘内側のゴルフ肘。(痛み指数7)PRP療法を2度程やりました。


3.大腿筋膜張筋・腸脛靱帯の腰骨接合部(痛み指数6*動かすと痛い)


4.左の座骨神経痛(長時間座っていられない)


5.膝の皿(しゃがんで立ち上がるときに両皿の中心部が痛い。(痛み6)


6.頸椎の両側の付け根を軽く押だけで電気を通されたような痛みが走る。


7.脛の筋膜痛(指で押しただけでも痛みが走る)


8.手術経験(鼠径ヘルニア6年位前)


9.持病(靱帯付着部炎・高血圧・高脂血症・不眠症)


10.過去の病気(期外収縮による不整脈*50代前半)


11.服用薬(クレストール・マイスリー・デパス)


12.家系による病(肺がん(父)59歳他界、脳梗塞(母)83歳発症~93歳他界)


 


これら靱帯の痛みは、20年以上の付き合いですが、年齢も年齢なので、ちゃんと治したいと考えております。今もって振り返ってみると、30代の頃に、ヘルペスを2~3回やっていて、色々な所に痛みが出始めたのはこの頃ではないかと思います。


 


現在、一番痛い箇所は、左の踵(アキレス腱が踵の骨に接合されている部位)が最も痛く、歩行の際の、蹴り足ができない状態で、びっこを引いて歩いていましたが、昨日のデカトロンが効いたのか、今日は、著しく軽減しております。これは、ケナコルトと打った時と同じように即効性があるようです。


大体、この踵が付着部が痛くなるのは、ウオーキング、ジョギングなどをした後に、必ず、直ぐ発生して、この痛みが、一度出ると、何日か安静にしていても、自然治癒で痛みが治まることはありません。日増しに、痛みが増大していきます。


現在、痛みが出てから3ヶ月経っていますが、あまりに痛みが増幅してきたので、我慢できずに昨日、注射をしました。しかし、注射はあくまで、痛み止めにすぎないと思うので、完治させたいのです。


 


 


以上、長々とすみません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
(末梢性)脊椎関節炎であるかもしれません。公立病院のリウマチ/膠原病科を受診してMRIを撮ってもらってください。血液検査で炎症のマーカーであるCRPの上昇、MRIで活動性の骨の炎症が認められるなら、アダリムマブ、エタネルセプト、インフリキシマブ、セルトリズマブのような腫瘍壊死因子阻害薬、または末梢性脊椎関節炎ならスルファサラジンが効果があるかもしれません。

医療 についての関連する質問