JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

狭心症と診断されました。 カテーテルで、ステント留置予定ですが、他に投薬治療などは、できないのでしょうか?

解決済みの質問:

狭心症と診断されました。
カテーテルで、ステント留置予定ですが、他に投薬治療などは、できないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

ご記載の検査所見には、どの冠動脈が何%狭窄しているかの情報がありません。

ステント手術を勧められているのはどの冠動脈で、それぞれ何%狭窄しているのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

LAD#7

と先生は説明の紙に書いています

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

LADとは左冠動脈の前下行枝(Left Anterior Descending artery)のことで、心臓自体に血液を供給する冠動脈の、もっとも太い主幹です(http://www.m-junkanki.com/case_study/lecture1/coronary1.html)。#7は、そのさらに主幹です(下図の青い部分です)。
http://med-server.lolipop.jp/cc-bootcamp/wp-content/uploads/AHA_thumb2.gif
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

狭心症は、冠動脈の内腔が動脈硬化によって狭くなり、十分な血液を送り込めなくなるために心筋の酸欠が起こる疾患です。
治療方法としては薬物療法、ステント留置、バイパス手術がありますが、それは、どの冠動脈が、どの程度狭窄しているかによって選択されます。

LADはもっとも太い冠動脈であるためこの狭窄は心臓全体の機能、ひいては生命の維持に直結した冠動脈であると言えます。
狭心症の治療方法の選択においても、左冠動脈に狭窄がある場合は、ステント留置術がバイパス手術が推奨されます。薬物療法で様子を見られるのは「大きな左冠動脈(左前下行枝)以外の1本の冠動脈だけに問題があり、しかも、薬による治療で心筋虚血(心筋への循環血液量が不足した状態)が十分に治療できている」場合です(http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph44.html より引用)。

相談者様が狭窄を起こしていて、ステント留置を勧められているLAD(左前下行枝)はそれほどに重要な冠動脈なのです。
一定以上狭窄してしまった冠動脈を広げる薬物はありませんから、ステント留置を勧められているLAD狭窄を薬物療法で治療することは困難であり、生命の危険さえ伴います。

予定されているステント留置手術を受けられることを強くお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

血管の詰まっている、プラーク?とかいうものを、カテーテルで、取り除く事は、できませんか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

冠動脈のプラーク(粥状硬化硬化)とは、冠動脈の内壁に張り付いているようなものではありません。
血管の壁そのものの変性です。
http://www.miyake-naika.or.jp/05_health/doumyakukouka/kandoumyaku_puraku.html

よって、カテーテル操作によってこれを取り除くことは不可能であり、狭窄した血管を広げるためにステントを入れるか、血管そのものを取り替えてしまうしか治療手段がないのです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

冠動脈のプラーク(粥状硬化硬化)とは、冠動脈の内壁に張り付いているようなものではありません。
血管の壁そのものの変性です。
http://www.miyake-naika.or.jp/05_health/doumyakukouka/kandoumyaku_puraku.html

よって、カテーテル操作によってこれを取り除くことは不可能であり、狭窄した血管を広げるためにステントを入れるか、血管そのものを取り替えてしまうしか治療手段がないのです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問