JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

85才の義母の件

解決済みの質問:

85才の義母のことでお尋ねします。糖尿病(血糖値120でインスリン注射)と心臓の持病(心筋梗塞を起こし、ステントを入れる手術を数年前にしました)、軽い認知症的物忘れがあるのですが10日ほど前から片方の手首から先がパンパンに腫れあがり、手指の間も全部くっついてしまうほどの状態になっています。  このため、実家のもよりの整形外科に受診したのですがはっきりとした診断がつかず、とりあえずということで抗生物質(フロモックス100mg 3錠×4日分を服用した後、2日空けてセフカペンピボキシル100mgを2錠服用)と消炎・鎮痛剤、湿布薬を処方されました。しかし処方を受けた抗生物質を飲んでも腫れが一向に引かないために、本日、別の整形外科を受診したのですがやはり、はっきりした診断名を聞くことができず、抗生物質(クラビット錠500mg×0.5錠を1回分)と鎮痛剤の処方を受けました。  腫れが出た原因について本人には思い当たるところがなく、ぶつけたり、転んだりしたというようなことはないとのことです。ただ、気がついたら手首がお尻の下になっていたということはあったようです。  またいずれも整形外科でもレントゲンは撮ったようなのですが骨折はしていないようです。(間接話法で記載しているのは診察に同行できなかったためです。曖昧で申し訳ありません)また目視で確認できるような外傷はありません。その他、特別の目立った全身症状はありませんが体温は現在37.6度あります。  尚、二件目の整形外科では来週の金曜日に手首のMRIを撮ってみようと言われています。  私としては本人が高齢で持病もあるなかではっきりした診断がつかないまま、素人目には尋常ではないと思うほどの腫れが抗生物質を飲んでも一向に引く気配がないのでとても心配しているところです(抗生物質は上記した量を飲みましたがいま現在、腫れに変化がありません)。  明日は日曜日なのですがこのまま経過を見ていても良いのかどうか、原因として何が考えられるのか、アドバイスをよろしくお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

実際にお義母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りでは、お義母様は蜂窩織炎を呈されている可能性が高いのではないかと考えます。
http://www.magicalmaker.com/u698/3491295/mmimg/1377126365.jpg
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑

蜂窩織炎は皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。

【蜂窩織炎】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC1000.html

皮膚の常在菌が、毛穴や汗腺、小さな傷から、皮下脂肪組織に侵入して発症する病態で、
皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。
治療としては安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。整形外科で既に抗生物質が処方されているのは、おそらく診察医も蜂窩織炎を疑っているからではないかと推察します。
しかし専門科ではないので、思い切った対処がとれないでいるのではないかと考えます。

お義母様は糖尿病があるために、感染には非常に脆弱です。
もしも蜂窩織炎を起こしているのであれば、短期入院しての点滴による抗生物質の投与が必要になる可能性が大です。

月曜日まで待たれるべきではないでしょう。
皮膚科を救急受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

実際にお義母様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限りでは、お義母様は蜂窩織炎を呈されている可能性が高いのではないかと考えます。
http://www.magicalmaker.com/u698/3491295/mmimg/1377126365.jpg
↑↑↑クリックしていただくと画像が開きます↑↑↑

蜂窩織炎は皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけての細菌による化膿性炎症です。

【蜂窩織炎】
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10OC1000.html

皮膚の常在菌が、毛穴や汗腺、小さな傷から、皮下脂肪組織に侵入して発症する病態で、
皮膚感染症の中では重たい病気に含まれ、時には入院も要します。
治療としては安静にして患部を冷やすとともに、抗生物質の服用あるいは点滴静注が必要となります。整形外科で既に抗生物質が処方されているのは、おそらく診察医も蜂窩織炎を疑っているからではないかと推察します。
しかし専門科ではないので、思い切った対処がとれないでいるのではないかと考えます。

お義母様は糖尿病があるために、感染には非常に脆弱です。
もしも蜂窩織炎を起こしているのであれば、短期入院しての点滴による抗生物質の投与が必要になる可能性が大です。

月曜日まで待たれるべきではないでしょう。
皮膚科を救急受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとう御座いました。おそらく、先生の見立て通りなのだと思うのですがいかんせん義母の所在地と質問者である私の場所が離れている為に詳しく現状を直接確認できません。

かつまた現在、義母の状態がかなり辛そうなので実家にいる連れ合いが急遽、夜間診察をしている病院に出向き、診察を受けています。その結果を聞いてからまた再度評価のメールをさせて頂きたく考えております。こちらの返信をお待ち頂くシステムになっていることを知らず返信が遅くなって申し訳ありません。ご了解下さい。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
了解いたしました。

以下は私見ですので、お読み流しください。

JustAnswerの仕組みとしては相談者様が満足して「プラス評価」しなければ専門家は報酬を得られません。
したがって、結論から申し上げれば、相談者様が、私がお示しした治療を試されて、良い結果が得られなければ満足できず、評価は出来ないというお考えであれば、私から申し上げられることはございません。

しかしながら、回答に対して、どの時点で、何に対して「満足」すべきかは、カテゴリやご質問の性格次第で異なるべきであるという暗黙の了解はあって然るべきかと存じます。

例えば、PCカテゴリでWordやExcelのトラブルを相談して回答を得た場合は、そのトラブルが回答通りの方法で解決して初めてユーザー様は満足し、承諾されるでしょう。

しかし法律カテゴリで訴訟についての相談をした場合(例えば、弁護士の選び方について)、その相談者様は、数年かかるかもしれない訴訟後に、しかも勝訴して初めて、満足し、承諾されるべきでしょうか。

医療カテゴリもまた不確定要素が多い領域です。
何より、相談者様を診察せずに一般論を述べるしかないわけですし、治療の有効性も安全性も、個人差がありま す。
色々な意味で、医療の世界に100%はありません。
そういったカテゴリでのご質問で、成功報酬的考え方は馴染まないと、少なくとも私は考えております。
私のプロフィールから、私が最近回答し、承諾を得た質問のスレッドを閲覧していただくことができます。それをご覧になっていただければ、他の相談者の方々が、どのあたりで満足され承諾されるのが医療カテゴリにおいて一般的なのかは分かっていただけるかと考えます。
もちろん、「100%満足保証付です!」の解釈に定義はありませんので、相談者様なりの満足の基準を持っていただければよいわけですが。
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し訳ありませんでした。おっしゃっておられることはよくわかりました。

先ほど連れ合いが夜間診察を受けてきて電話で報告をうけました。受診したのは皮膚科がやっていなくて既に診察を受けた整形外科でした。その医師の話ではやはり峰窩織炎が疑われるが抗生物質が効いていないようなので真菌が原因かもしれないと言われ、月曜日に皮膚科を受診して確定して治療を受けてほしいと言われたとのことです。よって先生の診察についての評価は「役立つ回答で満足」とさせて頂きます。

ただ、最後に一点可能ならばアドバイス頂ければありがたいのですが峰窩織炎と似た病気で壊死性筋膜炎と言われる病気があることを知ったのですが素人的に判断する場合、両者は何をもって区別すればよいでしょうか。  「手首をお尻の下にしたことがあり、それから腫れが出始めた」という義母の話を聞いていたので、体の重みで筋膜が炎症を起こし、そこに細菌感染が起きた可能性はないのかと思ったのですが見当外れでしょうか。

また義母の実家は地方にあるため、明日日曜日は17時以降でないと皮膚科の診察がないとわかったのですがその場合でも私は月曜日を待たずに1時間でも早く受診すべきだと思うのですがどのように考えればよいでしょうか。ただ17時以降の当直医の場合には細菌の特定をする検査条件がないのではないかと思ったりしたのですが。大変厚かましいお願いですがよろしくお願いします。

医療 についての関連する質問