JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14067
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

胃がんの手術後7年が経過する母ですが、ずっと激しい足の痛みに悩まされ、まともに寝ることもできない状況です。 手

質問者の質問

胃がんの手術後7年が経過する母ですが、ずっと激しい足の痛みに悩まされ、まともに寝ることもできない状況です。
手術後一年間抗がん剤を飲み、しばらくして貧血が酷かったため、貧血の薬を投与されましたが、徐々に全身が腫れてしまいました。(顔はパンパンになり、足は靴が入らないほどになり、近所の人に驚かれるほどになってしまいました。。。)
病院に電話するとすぐに薬をやめるように言われ、徐々に腫れも引いていきました。しかし、その後両足の膝から下の痛みが始まりました。
退院後一年目には、脳の検査や足の検査、ペインクリニック等にも行ってみましたが原因がわからず、今も毎晩のたうち回っています。
現在もリリカ(75㎎)やトラムセットを飲み続けていますが、一向に痛みが治まりません。
夜、痛みがひどい時は、ロキソニンを追加して飲んでいます。
その痛みと付き合っていくしかなく、一生治らないといわれ、あのまま胃がん手術を受けなければ良かったと言われ、どうしてよいのかわからない状態です。
少しでも痛みを和らげて上げる方法はない物でしょうか。。。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「手術後一年間抗がん剤」を服用されていたとのことですが、その抗がん剤の名前を教えてください。

②リリカは1日75mgでは効果は期待できませんが、これ以上増やすと副作用が出るのでしょうか?

③ロキソニンはある程度は効果があるのですか?

④ご記載にある以外のお薬を用いられたことはないでしょうか。また、神経ブロック注射を受けられたことはありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

抗がん剤の種類はわかりません。。。

リリカは一日二回飲んでいます。

ロキソニンを追加することで、二時間ほどは寝れるようです。

痛み止めはこれらのみですが、それ以外にも不安や緊張を和らげる薬(ジアゼバム)や、意識低下を改善するための薬(パロキセチン)、睡眠剤や漢方等は飲んでいるようです。

ブロック注射は、腰が痛い時に打ったことがあるようです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

パロキセチンは「意識低下を改善するための薬」ではなく抗うつ薬(うつ病の治療薬)です。
「あのまま胃がん手術を受けなければ良かった」との発言も聞かれるようですから、お母様は抑うつ的であると見做されているのかもしれません。

実際、胃がんの手術後に色々なことがおありであったようですから、お母様がうつ病を発症されていたとしても不思議では無いと思います。
そして、うつ病には疼痛閾値を低下させるという特徴があります。痛みの原因があったとして、その原因のために通常感じる以上の痛みを訴えるようになるということです。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_549.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

また、うつ病自体の症状としても疼痛が起こります。
http://www.utsu.ne.jp/itami/relation/wath.html

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんし、抗がん剤の種類もおわかりにならないとのことですから多分に推測が混ざりますが、お母様の本来の下肢の痛みは、末梢神経障害によるものである可能性が高いと考えます。
多くの抗がん剤に末梢神経障害の副作用がありますし、胃がん手術後のビタミン・ミネラルの不足によっても末梢神経障害は起こります。

術後の全身のむくみや、下肢痛が続いたことでうつ病を発症⇒うつ病のために疼痛閾値が低下・うつ病自体の痛みも重畳⇒さらにうつ病が悪化……という悪循環が生じてしまっているのではないかと考えます。

精神的な要素による痛みの修飾が加わっているために「脳の検査や足の検査、ペインクリニック等にも行ってみましたが原因がわから」なかったのではないかと推察いたします。

まず、ペインクリニックの主治医とよく相談されて、痛みの治療はしっかりと行っていただいたほうがよろしいかと存じます。
神経障害性疼痛(いわゆる神経痛)の治療薬であるリリカ(成分名:プレガバリン)の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」です。
副作用が無いのであれば、有効用量の1日 300mgまで使用されるべきでしょう。

ロキソニンが有効なのであれば、1日の使用回数を増やしてもよいと思います。

下肢痛に対して神経ブロック注射を試みられてもよいでしょう。

そして、うつ病の可能性についても話し合われてください。
ペインクリニシャンであれば、上述したような痛みとうつの相関関係についても知識があるはずです。
うつ病と、それによる痛みの修飾が起きている可能性があるのであれば、紹介状を作成してもらい、お母様に精神科、それも老年精神医学の専門医療機関を受診していただくべきです。

老年期の精神疾患(うつ病、認知症、その他)は、「老化」を抜きに考えることはできません。
第一に、脳の器質的な変化による心身の機能低下は、ストレスに対する耐性の低下につながり、小さな変化や刺激でバランスを崩しやすくなります。
第二に、社会生活の面では「喪失」を余儀なくされる年代にあたり、退職、重要なポスト(役職)からの引退、収入減少、配偶者や友人の死など、失うものの多さ、大きさに愕然となることが多くなります。
一方、治療する側からみれば、老化の程度は人によってさまざまだということが診断や治療を難しくしています。
こうした患者様では、症状の現れ方も多様なものとなり、薬物療法、精神療法も個々のケースごとに異なる対応が求められます。
身体機能の低下に伴う副作用の現れやすさも、高齢者の治療を難しくする要素の一つです。

こうした側面があるために、一般の精神科・心療内科では、一定以上の年齢の患者様には十分な対処ができない場合が少なくありません。
老年精神医学の専門医療機関を受診されることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返信が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。
ご返信ありがとうございます。


 


トラムセットというきつい痛みどめもリリカとセットで一日二回服用しているようです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
トラムセットは弱麻薬ですが、1日2錠ではそれほど強い効果があるわけではありません。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問