JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4056
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在33歳の長女は10年程前に皮膚科の血液検査で核抗体の倍率が高く、SLEを発症する因子 を持っているので気を付け

質問者の質問

現在33歳の長女は10年程前に皮膚科の血液検査で核抗体の倍率が高く、SLEを発症する因子
を持っているので気を付けるように指示を受けました。現在結婚5年目なのですが10代の頃より生理痛がひどく、2年前子宮内膜症、チョコレート嚢胞との診断を受け、10月中旬に腹腔鏡手術を受けることに
なっております。宇都宮在住で済生会宇都宮病院で手術して頂くのですが、娘のような体質ですと、外科的手術やストレが原因でスでSLEを発症するのでは酷く心配でなりません。幸い今のところ、SLEの症状は出ていませんが手術が大きなリスクになるのではと母親の私と致しましては本当に恐れております。内膜症自体、免疫異常が原因のようですが実際のところ如何なものか専門の先生にアドヴァイス
頂けたらと思います。
よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
抗核抗体の値が高いことが必ずしもSLEのような膠原病を起こすとは限りません。正常の方の5%は高い抗核抗体の値を持っています。SLEを起こす可能性があるかは抗2重螺旋DNA抗体、抗スミス抗体、抗U1RNP抗体のようにさらに詳しい抗体の検査が必要になります。調べてもらってください。
SLEを起こす誘因としては太陽や紫外線、感染、ストレス、手術、妊娠があげられます。腹腔鏡手術はストレスの強い手術ではありませんから大丈夫と思いますがそれらの抗体が高いようなら予防的に手術前後しばらくの間ステロイドを投与してもいいと思います。

医療 についての関連する質問